イギリス留学する前に知っておきたい生活情報!

総合トップ » イギリス留学・ホームステイ » イギリス留学する前に知っておきたい生活情報!

イギリス料理はおいしくないって本当!?

イギリスを代表する伝統料理

イギリスの食生活イメージ
衣食住の中でリフォームやガーデニングといった住には並々ならぬ情熱を注ぐけれども、食に対するこだわりはあまりないとも評されるイギリス人。そのせいかイギリス料理はおいしくないとの悪評を耳にしたことがあるかもしれません。でも、おいしいイギリス料理だってたくさんあるのです。また、近年は料理ブームもあって、ロンドンには美味しくスタイリッシュなお店も数多くオープンしています。
イギリスの伝統的な朝食は、地域ごとに呼び名は異なりますがイングリッシュ・ブレックファストが有名です。ワンプレートにソーセージやベーコンなどの肉料理、目玉焼きやスクランブルエッグなどの卵料理、ベークドビーンズ、そしてトマトやマッシュルームなどが盛られ、パンと紅茶やコーヒー、ジュースなどが付いています。ただし、イギリス留学中のホームステイ先での毎朝の朝食は、パンやシリアル、コーヒーや紅茶などが用意されていて、食べたい量だけ自分でとって食べる簡易的なスタイルが一般的です。
イギリスを代表する伝統料理といえばローストビーフ。主に日曜日のお昼や夜に食べられるサンデーローストは、ローストビーフにヨークシャープディング(ふわふわでもちっとしたシュークリームの皮のようなもの)、ポテトやビーンズ等の野菜が添えられ、グレービーソースをたっぷりかけていただく定番メニューです。
コテージパイは、イギリス版の肉じゃがのようなメニュー。ひき肉の上にマッシュポテトをのせてオーブンで焼いた、イギリスの伝統的な家庭料理です。
紅茶と一緒にサンドイッチなどの軽食やお菓子をいただく喫茶の習慣、アフタヌーン・ティーも人気があります。アフタヌーン・ティーの一種であるクリームティーは、クロテッドクリームとジャムが添えられた紅茶とスコーンのセット。クロテッドクリームが名産のイギリス南西部のデヴォン地方のものが有名です。紅茶のイメージが強かったイギリスですが、現在はいわゆるシアトル系コーヒーのチェーン店も数多く軒を連ねています。

イギリス留学中にぜひ試したい! 伝統のファストフードや人気メニュー

イギリスの食生活イメージ
ファストフードも人気です。イギリスにも日本でもお馴染みのファストフード店はありますが、イギリスを代表するファストフードといえばフィッシュアンドチップス! タラなどの白身魚のフライに太めのフライドポテトを添えたフィッシュアンドチップスは、不動の人気を誇ります。ちなみにイギリス英語でチップス(chips)はフライドポテトのこと。ポテトチップスはクリスプス(crisps)と呼ばれます。また、トルコ料理のケバブも人気です。いずれも、ちょっと小腹がすいた時にふらりと立ち寄って、食べ歩きというスタイルがブリティッシュ流です。
ヘルシーな定番ファストフードとしてジャケットポテトもあります。ベイクドポテトのイギリスでの呼称で、皮がついたまま焼かれたジャガイモがジャケットを着ているように見えるというのが名前の由来。チーズ&ビーンズやチリコンカーンなど、お好みのトッピングでいただく、ボリューム満点の一品です。
ロンドンのチャイナタウンに代表されるように、中華料理も外食や持ち帰り(take away)のメニューとして人気です。中でもおすすめのメニューはイギリスのオリジナルとも言われるクリスピーアロマダック。北京ダックのように、ぶつ切りのダックを千切りのキュウリやネギ、甜麺醤と一緒に薄い小麦粉の皮で巻いていただきます。が、北京ダックと違って肉も付いているのでボリューム満点なうえにリーズナブル! ご飯の上にクリスピーアロマダックを載せたランチメニューは、イギリス人はもちろん外国人留学生にもファンが多い一品です。
また、イギリスでは本格的なカレーが楽しめます。植民地時代にインドからイギリスにカレーが紹介されたことに始まり、現在もインド人が多く住んでいるため、美味しいカレー店がたくさんあります。中でもイギリス人に人気のカレーはイギリス発祥と言われるチキンティッカマサラ。イギリスの国民食と絶賛した政治家もいるほどだとか。
もちろんピザやパスタ等のイタリアンも人気があります。イギリスには同じヨーロッパのイタリアからの留学生も多くいますから、美味しいイタリアンのお店を教えてもらうと良いでしょう。他にも、特にロンドンなどの大都市ではアフリカや中近東、地中海など、世界各国のレストランがあるのも多民族国家であるイギリスならではです。
このように、知れば知るほど実は美味しいメニューがたくさんあるイギリス。短期留学でも長期留学でも、機会があったらぜひ試してみてください。最近のイギリスでは日本食コーナーがあるスーパーマーケットも増えています。米やインスタントラーメン、醤油、みそや味噌汁、チューブ入りのわさびなどが入手できるので、イギリス留学中にもし食事のホームシックになりそうな時は、スーパーマーケットを活用してみるのもおすすめです。

イギリスの治安と対策

イギリスの治安イメージ
外務省の「海外安全ホームページ」(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_154.html)によると、イギリスの治安は比較的良好と言われながらも、殺人や強盗、侵入盗などの犯罪発生率は日本を上回っています。中でも日本人留学生や旅行者が被害に遭いやすい例としてはスリや置き引き等の盗難、ひったくりなどの路上窃盗、空き巣、偽警官による詐欺、性犯罪などが挙げられています。
スリや置き引き、ひったくり犯罪は、ロンドンならオックスフォードストリートやコヴェントガーデン、ポートベローマーケットのような人が多く集まる場所、ファストフード店などで特に注意が必要です。バッグは肌身離さず持つ、現金やカードの出し入れは素早く行い、財布はすぐにバッグにしまうなどして被害を防ぎましょう。ファスナー付きのバッグだと安心です。また、日中、夜間問わず、地下鉄(Underground)や電車、バスなどの公共機関では眠らないようにしましょう。
家では在宅中であってもドアや窓には常に鍵をかけておきましょう。外から見える場所にパソコンや携帯電話、財布などの貴重品を放置しないことも大切です。
また、知らない人にはついて行かないようにしましょう。夜間は一人で出歩かないこと。ひと気のない場所や治安が悪いとされるエリアにも行かないようにしましょう。前述の外務省のホームページでは、夜遅くにどうしても外出しなければならない場合は複数人で出掛け、正規のタクシー(ブラックキャブ)を利用するよう呼び掛けています。大学生や社会人留学の場合は終電が終わってからも運行しているロンドン名物、ナイトバスを利用する機会があるかもしれません。見晴抜群の2階建てバスは2階の最前列が人気の席ですが、ナイトバスでは避けましょう。1階の運転席に近い席がオススメです。防犯ブザーを携帯しているとより安心です。
ちなみに銃規制に関しては、イギリスは日本より厳しい罰則規定が設けられています。また、イギリスの警察官は丸腰、基本的に拳銃を携帯していない世界的にも珍しい国です。これはロンドン警視庁が設立された19世紀に、市民から恐れられていた武器を所持した軍人と警察官を区別するためだったとか。市民の代表である警察官が武器を所持すると市民との間に壁を作ってしまうとの理由から、拳銃は所持せず、警棒や催涙スプレーなどで警備にあたっていると言われています。

イギリス留学の費用

イギリス留学の費用イメージ
イギリス留学の費用は留学時期や都市、語学学校、1週間の授業時間数、そして外貨為替によっても大きく異なりますが、16歳以上から参加できる語学留学の場合の費用はおおよそ以下になります。

  • イギリス語学留学にかかる費用の目安

    2週間: 25万円前後
    1ヵ月:30万~40万円程度
    6ヵ月:150万円程度
    1年間: 200万円~300万円程度
いずれも語学学校への入学金、授業料、手配料、ホームステイ滞在費、ホームステイの食費(1日2食)、到着時の空港までの出迎えと滞在先までの片道移動費などが含まれます。航空運賃や燃油サーチャージ、空港税、海外旅行保険料、滞在条件に含まれない食費などは費用に含まれません。また、イギリスに6ヵ月以上滞在する場合は学生ビザが必要になりますので、学生ビザの申請料なども別途発生します。
語学留学の中には教師宅にホームステイしてマンツーマンの英語レッスンを受けられる個人レッスンホームステイもあります。ロンドンまたはロンドン郊外での個人レッスンホームステイにかかる費用は、2週間で40万円程度と、語学学校での語学留学に比べると高めになります。
  • イギリス高校生交換留学にかかる費用の目安

    高校留学の企画・監修・運営を行う特定非営利活動法人 日本国際交流振興会(JFIE)によると、2019年出発のイギリスの高校生交換留学の費用は170万円で、期間はイギリスの場合は半年になります。試験受験料、予防接種や保険といった出願に必要な手続きにかかる費用、パスポートやビザ等の渡航に必要となる費用、オリエンテーションへの参加費用や交通費、そして留学中のお小遣い等の個人的な費用は別途かかります。

イギリス留学の持ち物

イギリス留学の持ち物イメージ
  • イギリスのガイドブック

    英語版のイギリスのガイドブックは、現地の本屋や観光名所のスタンドなどで売られています。現地で日本語版を探すことも可能ですが割高だったり、セカンドハンドで情報が古い可能性もあります。日本語版があると安心という方は、日本から持参すると良いでしょう。
  • 洗濯ネット

    短期留学であれ長期留学であれ、ホームステイであれ寮滞在であれ、洗濯ネットはイギリスではなかなか手に入らないので、持っていくと良いでしょう。大切な衣類を守ってくれるのはもちろん、ホストファミリーなど他の人の洗濯物と混ざらないという利点があります。また、渡航中はポーチとしてスーツケースの中の小物の整理にも活用できます。
  • 雨具やフード付きジャンパー

    多少の雨では傘をささないのがイギリス人流! ですが、特に短期留学でイギリスに行くのなら折りたたみ傘やフード付きのジャンパーがあると便利です。もちろん折りたたみ傘は現地で購入できますが、日本製の方がリーズナブルなうえに軽量コンパクトと機能面で優れていることが多いです。
  • 抗菌ウェットティッシュ

    手はもちろん、テーブルの汚れやトイレの便座を拭いたり、何かと重宝するウェットティッシュも持っていると便利です。イギリスでも“hand wipes”などの名称で売られていますが、短期留学の場合はプログラムによっては買い物に行く機会がなかなかない場合もあります。
  • 文房具

    もちろんボールペンやノートなどの文房具はイギリスでも手に入ります。が、イギリスはノートなどの紙製品は割高です。機能面とコストパフォーマンスを考慮すると、日本製の文房具を持参すると良いでしょう。特にペンなどの日本製文房具は、ホストファミリーや友達にプレゼントしても喜ばれます。
  • 常備薬

    海外の薬は強すぎたり、合わない可能性もあります。風邪薬、胃腸薬、頭痛薬、乗り物酔いの薬、目薬などは飲みなれた薬を日本から持って行くと安心です。