プロが味方!短期留学パンフレットの賢い読み方

出発前の準備

総合トップ » 留学コラム » プロが味方!短期留学パンフレットの賢い読み方
子どもの短期留学のパンフレットを読む女性
この記事は約4分で読めます。

そろそろ子どもを短期留学に行かせたい。留学エージェントから資料請求をしたら、早速パンフレットが到着! あなたなら、どこから目を通しますか? 留学のプロが、賢いパンフレットの読み方を伝授します。
 

 
<Summary>
短期留学パンフレットはココをチェック!
・最初に対象をチェックして、参加できるコースを絞る
・旅行代金とは別にかかる費用があることを念頭に、予算内のコースをピックアップ
・子どもの気持ちを考慮しつつ、各コースのハイライト、他のコースとの違いを入念に確認
・申込期限をチェックして、早めに申込む
・もしもの時のために… キャンセル規定についても読んでおく
 
★☆今回のナビゲーター☆★
幼少の頃から自宅で交換留学生をホストファミリーとして受入れ。自身も学生の頃からマレーシア、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの計6ヶ国でホームステイ経験あり。現在、ホームステイ参加年齢に息子が達するのをまだかまだかと心待ちにしている一児の母。
 

短期留学コースの対象年齢は最初にチェック!

 
短期留学のパンフレットを手にすると、ついつい写真や楽しそうなアクティビティに目がいってしまいがちです。でも、魅力的な短期留学のコースを見つけても、そもそも参加できなかったらお話になりません。最初に短期留学のコースの対象年齢、または学年を必ず確認しましょう。
 

短期留学コースの旅行代金を確認

 
筆者が次にチェックするのは、短期留学の旅行代金です。留学には旅行代金とは別に、入国税や燃油サーチャージなど、渡航に必要な様々な費用が発生します。予算内であることは、短期留学のコースを決める際の大きな判断基準です。ちなみに筆者の場合は、1週間から2週間程度の短期留学であれば50万円がボーダーラインです。旅行代金が50万円を超えていたら、予算オーバーと判断するでしょう。そのコースが素晴らしい内容で、この期間しか行けなそうであれば、仕事を増やすか祖父母に相談すると思います(笑)。
 
短期留学パンフレットの各コース紹介のページには、旅行代金に含まれる費用と含まれない費用の記載が必ずあります。含まれない費用にどんなものがあるのか、おおよそいくらくらいかかるのかを事前に把握しておくことで、短期留学全体の費用を知ることができます。
 

短期留学コースの内容を熟読!

 
対象年齢・学年と旅行代金をチェックしたうえで、行きたい国はどこなのか、子どもと話し合いながら参加する短期留学のコースを絞っていきます。パンフレットの各コースページの滞在エリアやアクティビティの内容、英語レッスンの回数などを確認します。親としては英語レッスンが豊富なコースに参加してほしいのですが、何事も経験! 短期留学に参加すること自体に意義がある! ということで、子どもの意思をなるべく尊重してコースを決定します。
 

短期留学コースの申込期限を確認

 
せっかく参加したい/させたい短期留学のコースを決めたのに、申込期限が過ぎていた! なんてことがないように、短期留学コースの申込期限も必ず確認しましょう。申込期限まで猶予があったとしても、早めに申込みを済ませておくのがおすすめです。後回しにするとうっかり忘れて期限を過ぎてしまったり、人気の短期留学コースは申込期限の前に定員に達してしまい、申込めないこともあるからです。
 

キャンセル規定についてもチェック

 
入念に準備を進めていても学校や部活、塾などの事情で、申込後に短期留学をキャンセルせざるをえないこともあるかもしれません。短期留学パンフレットに記載のキャンセル規定についても、事前に目を通しておきましょう。
 
 

|小中高校生におすすめのホームステイの時期は?

冬休み,春休み,夏休み,短期留学ホームステイに行く時期
短期留学・ホームステイに行くなら冬休み?春休み?夏休み?
 
小学生や中学生、高校生が学校の休みを利用して短期留学やホームステイに参加する場合、おすすめの時期はあるのでしょうか? 冬休み、春休み、夏休みの短期留学やホームステイ、それぞれの特徴や魅力についてご紹介します。
 

 

| 添乗員同行だから初めてでも安心!

小中高生のための短期留学チャレンジホームステイ
小中高生のための短期留学チャレンジホームステイ
 
異文化体験や英語力アップの短期留学ならチャレンジホームステイ! 留学初心者やリピーターの方に数多くご参加いただいています。春休み、夏休み、冬休みの人気の留学先や参加者の体験談、チャレンジホームステイのポイントや特典、よくある質問、出発までの流れについてもご紹介しています。
 

アイエスエイの留学・ホームステイについて

1970年の設立以来、アイエスエイのプログラムでホームステイや留学に参加された方は延べ60万人以上。50年間にわたる経験とノウハウを活かし、保護者の皆様にご安心いただけるよう、大切なお子様をお預かりする立場として安全対策に全力で取り組んでおります。グループツアーの場合、日本出国から帰国までの全行程、1グループにつき、2名以上の添乗員が同行します。プログラム中は、現地コーディネーターもサポートします。また、日本国内では、アイエスエイスタッフがお電話とメールにより、皆様からのお問い合わせに対応させていただきます。

留学・ホームステイ先を国から選ぶ