初めてのホームステイに必要な持ち物は?

出発前の準備

総合トップ » 留学コラム » 初めてのホームステイに必要な持ち物は?
初めてのホームステイ,短期留学,ホームステイの持ち物
この記事は約6分で読めます。

初めてのホームステイや寮滞在といった短期留学。数週間とはいえ国内旅行よりも持ち物も多くて、何を持って行ったら/持たせたら良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか? ホームステイ等の短期留学に必要な物をホームステイ経験豊富な留学カウンセラーが厳選してご紹介します。
 

 
<Summary>
ホームステイ経験豊富な留学カウンセラーが初めてのホームステイに必要な持ち物を厳選!
・パスポートは必携!
・現金は外貨と日本円を用意
・海外旅行傷害保険証も忘れずに
・日用品は持参する
・常備薬は飲み慣れたものを
・ポジティブな気持ちは持てるだけたくさん!
 
★☆今回のナビゲーター☆★
幼少の頃から自宅で交換留学生をホストファミリーとして受入れ。自身も学生の頃からマレーシア、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの計6ヶ国でホームステイ経験あり。現在、ホームステイ参加年齢に息子が達するのをまだかまだかと心待ちにしている一児の母。
 

初めてのホームステイに必要な持ち物を厳選

 
初めてのホームステイともなると参加する本人はもちろん、保護者の皆様も何を持たせたら良いか心配ですよね!? 滞在方法は同じホームステイでも、短期留学と長期留学では持っていくべき物が異なります。そこで今回は、2週間~3週間程度のホームステイや寮滞在といった短期留学に必要な持ち物を厳選してご紹介します。
 

ホームステイにパスポートは必携!

 
滞在形態がホームステイでも寮滞在でも、短期留学でも長期留学でも、パスポートがなければ海外には行けません。紛失すると大変なことになります。でも大切な物だからと言って、飛行機に預けるスーツケースの中に入れてしまわないように注意してください。パスポートは空港でのチェックインや入国審査の際に必要になるので、機内に持ち込む荷物に入れます。空港への移動中や機内ではセキュリティポーチ等に入れて、失くさないようにしっかり管理しましょう。
 
ちなみに現地滞在中は、パスポートは持ち歩きません。パスポートはホームステイ先や寮に到着したらすぐにスーツケースに入れて、帰国日まで失くさないように鍵をかけて保管しておくと安心です(寮滞在の場合、一部の寮ではオフィスで預かってくれることもあります。添乗員や現地スタッフに確認しましょう)。
 

日本円と外貨を用意しましょう

 
ホームステイや寮滞在プログラムに参加するにあたって、やっぱり現金は必要です。日本円と外貨を用意しましょう。日本円は日本の自宅から空港迄の往復交通費と日本国内の空港での軽食や飲み物代程度で大丈夫です。それ以外の外貨はあらかじめ両替しておきましょう。参加する短期留学のコースによって、現地で必要となる現金の目安は異なります。各コースのしおり等で事前に確認をして、必要以上の現金は持って行かないようにしましょう。現地では1日に必要な額だけ持ち歩き、残りはパスポート同様スーツケースに入れ、鍵をかけて保管しておくのがおすすめです。
 
ちなみに、トラベラーズチェックは2014年3月31日をもって国内での販売を終了しています。現在お持ちのトラベラーズチェックは海外で使用できる場合もありますが、ホームステイで滞在するエリアでは使用できる場所が限られます。
 
また、海外専用プリペイドカードは都市部での語学留学や長期留学の場合はおすすめです。が、短期間のホームステイや寮滞在となると使用できる場所が限られる可能性がありますので、やはり現金を持っていくのが良いでしょう。
 

もしもの時に役立つ! 海外旅行傷害保険証

 
海外旅行傷害保険証は必ず現地に持参しましょう。ホームステイや寮滞在の短期留学中に、もし万が一病気やケガになって病院に行った場合、現地での手続きがスムーズになります。但し、海外旅行傷害保険証は貴重品ですので、通常はパスポートや現金と一緒にスーツケースに入れて管理しましょう。
 

タオルや歯ブラシは持参がおすすめ

 
ホームステイではバスタオルは借りることもできます。寮にはホテルのようなアメニティは何もないのでバスタオルも日本から持って行きましょう。毎朝の洗顔やアクティビティの時の汗拭き用にスポーツタオルを2~3枚持っていくと便利です。シャンプー、リンス、歯ブラシ、歯磨き粉等の日用品も持参しましょう。
 
海外では電圧やプラグの形状が日本とは異なります。ドライヤーが必要な人は、電圧が海外対応のドライヤーと海外用の変換プラグもお忘れなく!
 

飲み慣れたものが安心! 常備薬

 
ホームステイや寮滞在中、ちょっと具合が悪いけれど、病院に連れて行ってもらうほどでもない。そんな時はお薬で対処します。海外の薬が合わないこともあるので、風邪薬や頭痛薬、酔い止め等は普段飲み慣れている薬を持って行きましょう!
 

ポジティブな気持ち!(持てるだけたくさん)

 
“ポジティブな気持ち”はホームステイや寮滞在の短期留学プログラムに参加する皆さんに一番いっぱい持って行ってほしいものです! ホームステイを成功させるために大切な10のこと<前編>」 >でも書きましたが、ホームステイや寮滞在といった短期留学は単なる英語学習ではなく、異文化体験学習の機会です。
 
例えば苦手な野菜を「キライ」と言えず、日本的にお世辞で「おいしい」と言ってしまったら、ホストファミリーは親切心からずっとその野菜を出してくれるでしょう。滞在中に触れる文化、生活習慣や価値観の違い。自分がそれまで思っていた常識からすると、ちょっとありえないことに遭遇するかもしれません。そんな時、「もしここが日本だったら…」と後ろ向きな気持ちになるのではなく、「ここは日本とは違うんだ!」とポジティブに捉えることができたら、違いは違いと認めて、受け容れることができるでしょう。
 
数週間という限られた短期留学の時間をポジティブな気持ちで過ごすことで、自然と笑顔だって増えてくるはずです。間違いを気にせず、臆することなく、英語でのコミュニケーションが楽しめるはずです。皆さんのホームステイや寮滞在を成功体験に導くためにも、“ポジティブな気持ち”はぜひ持てるだけ持って行ってください!
 
以上、初めてのホームステイや寮滞在に必要な持ち物について厳選してご紹介しました。ホームステイや寮滞在といった短期留学に参加される際はぜひ参考にしてみてください。
 
次回は、ホームステイや寮滞在に持っていくと便利な物についてご紹介します(6月初旬公開予定)。
 

アイエスエイの留学・ホームステイについて

1970年の設立以来、アイエスエイのプログラムでホームステイや留学に参加された方は延べ40万人以上。47年間にわたる経験とノウハウを活かし、保護者の皆様にご安心いただけるよう、大切なお子様をお預かりする立場として安全対策に全力で取り組んでおります。グループツアーの場合、日本出国から帰国までの全行程、1グループにつき、2名以上の添乗員が同行します。プログラム中は、現地コーディネーターもサポートします。また、日本国内では、アイエスエイスタッフがお電話とメールにより、皆様からのお問い合わせに対応させていただきます。

留学・ホームステイ先を国から選ぶ