ホームステイを成功させるために大切な10のこと<後編>

留学の心得

総合トップ » 留学コラム » ホームステイを成功させるために大切な10のこと<後編>
ホームステイを成功させる秘訣
この記事は約4分で読めます。

短期の留学でも長期の留学でも人気の滞在方法がホームステイ。旅行でホテルに泊まるのと何が違うの?「ホームステイを成功させるために大切な10のこと」後編では欧米ならではのコミュニケーションや、滞在中に心掛けたいこと等をご紹介します。
 

 
<Summary>
ホームステイを成功させるためには…
Yes/Noははっきりと、曖昧な返事はしない。異文化を楽しむ気持ちと積極的に挑戦する姿勢。感謝の気持ちを伝えること。ホームステイ先のルールに従うこと。そしてホームステイに参加する目的をしっかり持つことが大切です。
 
★☆今回のナビゲーター☆★
幼少の頃から自宅で交換留学生をホストファミリーとして受入れ。自身も学生の頃からマレーシア、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの計6ヶ国でホームステイ経験あり。
 

Yes/Noははっきり伝える

 
曖昧な返事や表現、沈黙に、ホストファミリーは困ってしまいます。また、適当にYESを言ってしまうとトラブルの原因になるので注意が必要です! こんなエピソードがあります。

ピクルスが苦手なHaruto君。食べ残すのは悪いなと思い、少し無理して食べきりました。“Oh, Haruto. You like pickels?”と、珍しく思ったホストマザーが聞いてきました。Haruto君は何を言われたかわからなかったのにもかかわらず、何か聞かれているからと、とりあえず“YES.”と答えました。翌日何が起きたでしょう? そう、ピクルスが山盛りのハンバーガーが出てきてしまいました。好きなものをたくさん食べさせてあげようという、ホストマザーの優しさでした。

こんなことにならないように、嫌いなものは嫌い。YES/NOははっきり伝えましょう! ただし、毎回Yes/Noだけの回答では失礼になることも。なぜそう思うのか、その理由を添えられたらベストです。もしそれが難しかったら、例えば“Do you want ○○○○?”と聞かれた場合なら、“Yes, please.”、“No, thank you.”と答えるだけでも、ソフトな表現になります。
 

積極的に何事にもチャレンジ!

 
ホームステイでのホストファミリーとの生活は、異文化に飛び込むわけですから、違っていて当たり前です。違いを楽しむ気持ちで、積極的にいろいろなことに挑戦してみましょう!

英会話についてもそうです。ホストファミリーや現地のスタッフ、先生達も初めから皆さんが英語をペラペラ、流暢に話せるとは思っていません。完璧な英語の文章を頭で考えてから話そうとする方が多いですが、考えているうちに会話は終わっています。簡単な単語だけでも良いので、思いついた単語を言ってみましょう!

ホストファミリーは「こういうことを言いたいのかな?」と推測して、正しいセンテンスを教えてくれたりします。その方がコミュニケーションもスムーズですし、英語定着にもつながります。過去の参加者の方も多くの方が「単語だけでも十分伝わった。もっと早くから、恥ずかしがらずにたくさん発言していれば良かった」と言っています。間違いを恐れず、たくさん英語を話すようにしてみてください!
 

感謝の気持ちを言葉にしよう!

 
ホームステイ中はどんなに小さなことでも感謝する気持ちを持ち、それを言葉にしましょう。日本語でもそうですが、英語でも“Thank you!”と“Please!”はとても大切な言葉。言われて悪い気になる人はまずいないはずです。おまじないのように繰り返して!
 

ホームステイのルールを守ること

 
ホームステイ先は、ホテルや旅館のような宿泊施設ではありません。ゲストとしてではなく、家族の一員として生活を共にするわけですから、食事や洗濯、シャワー等、各家庭のルールを理解し、守ることが大切です。

例えば洗濯。みなさんの家では週に何回洗濯をしますか? 日本だと毎日洗濯するという家庭も多いかもしれません。でも海外では、洗濯機が大きかったり、節水/節電の理由で、洗濯は週に2・3回という家庭がほとんどです。滞在中、同じ服をずっと着続けたりすることがないように、ホストファミリーのお宅に到着したら最初に、洗濯の頻度や方法について、ホームステイ先のルールを確認すると良いでしょう。
 

目的意識を持とう!

 
ホームステイに参加した目的、将来の夢でも何でも構いません。目的意識をしっかりと持ち、そのために努力する姿勢は、ホームステイの成功にもつながります。留学費用は、決して安くはありません。費用を出してくれる家族に感謝して、「自分は今回これを頑張る!これを楽しむ!」と具体的な目標を立てて、出発しましょう。必ずひと回り、ふた回り成長して帰国できるはずです。
 
以上、2回にわたってお届けした「ホームステイを成功させるために大切な10のこと」、いかがでしたか? これからホームステイの予定がある方は、ぜひ実践してみてください。

ホームステイを成功させるために大切な10のこと<前編>を読む >

アイエスエイの留学・ホームステイについて

1970年の設立以来、アイエスエイのプログラムでホームステイや留学に参加された方は延べ40万人以上。47年間にわたる経験とノウハウを活かし、保護者の皆様にご安心いただけるよう、大切なお子様をお預かりする立場として安全対策に全力で取り組んでおります。グループツアーの場合、日本出国から帰国までの全行程、1グループにつき、2名以上の添乗員が同行します。プログラム中は、現地コーディネーターもサポートします。また、日本国内では、アイエスエイスタッフがお電話とメールにより、皆様からのお問い合わせに対応させていただきます。

留学・ホームステイ先を国から選ぶ