小学生にホームステイはまだ早い?

留学の心得

総合トップ » 留学コラム » 小学生にホームステイはまだ早い?
小学生,ホームステイ,短期留学,長期留学,留学の年齢
この記事は約4分で読めます。

ホームステイや短期留学に参加するのに最適な年齢とは? 小学生にホームステイはまだ早いのか? ホームステイや短期留学の説明会で、保護者の皆様からよく寄せられる質問を元に、参加年齢や留学の意味について考察します。
 

 
<Summary>
ホームステイや留学に参加するベストなタイミングは?
・年齢ではなく「自分のことを自分でできるタイミング」と「本人が行きたいという気持ち」が揃った時
・留学とは例えて言うならばキャンバスに絵を描くこと
・留学で得られるものは「自己の成長」
 
★☆今回のナビゲーター☆★
Mr.X 学生時代にバスケットボール部の監督に半強制的に!? マッサージ係として連れられ初渡米&ホームステイ。シアトルにある大学のサマースクールに参加。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、そしてニュージーランドと、ホームステイ歴は数知れず。
 

ホームステイや留学に参加するベストな年齢は?

 
ホームステイや短期留学説明会で、特に小学生の保護者の皆様が気にされるのは、「子どもをホームステイに参加させるタイミングはいつが良いか?」という点です。私はいつも「お子様は朝一人で起きられますか?」、「身の回りのことを自分でできますか?」とお尋ねします。
 
ホームステイや留学に参加するベストなタイミングというものは年齢で決まるものではなく、「自分のことを自分でできるタイミング」と「本人が行きたいという気持ち」が揃った時であると考えるからです。
 

留学会社がしてくれることは?

 
「留学会社は何をしてくれるんですか?」という質問も、ホームステイや短期留学の説明会で保護者の皆様によく尋ねられます。プログラムによっても異なりますが短期留学であれ長期留学であれ、お子様一人の留学には、日本の留学会社、添乗員、現地コーディネーター、そしてホストファミリー等、大勢の大人が関わり、留学プログラムを遂行し、お子様のサポートをします。
 
皆様もご存知のように、留学会社はお子様の成長に役立つ魅力的な留学プログラムを提供し、安全面を考慮した現地の運営体制を整えます。
 
でもそれだけでは何だか味気ない…。
 
私はいつも「留学会社は絵を描く時のイーゼルです」とご説明させていただいています。「イーゼルに画用紙/キャンバスを用意するのが保護者の皆様。その画用紙/キャンバスに色をつける、絵を描くのが児童・生徒の皆様なのです」と。
 

留学とはキャンバスに絵を描くこと

 
日本で絵を描くシーンを想像してみてください。絵の具、筆、パレット等のすべての画材は学校や家族が準備してくれます。さらに絵を描く場所まで車で送ってくれるかもしれません。日本での生活とはそのようなものではないでしょうか。しかし、ホームステイであれ短期留学や長期留学であれ、海外に行くということは、それらを一人でやらなければならないということです。
 
絵の具に足りない色があったり、使いたい筆がなければ借りる、買う、または譲ってもらう等、自ら考えて手に入れなければなりません。手に入らない場合は「ない!」と騒ぐのか、諦めてしまうのか…。色を組み合わせる等の工夫をして、持っている絵の具の色だけで自らが思い描く絵を描くことになります。
 
完成した絵は満足か? 不満足か? それを判断するのは他人ではなく自分自身です。
 
他の人の絵が素晴らしいと思えた時、その人も十分な画材を持って臨んだのでしょうか?
 
あなたは絵を描くことに最大限の努力をしましたか? 自分の夢をキャンバスに描くための挑戦を。
 
キャンバスに描かれる「留学」という絵は一人ひとり異なって当然です。長年の経験から思うのですが、同じホームステイや留学プログラムに参加して、全く同じことを感じ、学び、そして全く同じことを吸収するということはないからです。それが留学というものではないでしょうか。
 

留学の目的と留学で得られるもの

 
では留学で得られるものは何なのでしょう? 語学力のアップや異文化体験等、留学の目的は人それぞれ異なります。短期留学から長期留学まで、その目的によって期間も様々です。目的や期間が異なっても、留学で得られるものとは? ひと言で言ったら、「自己の成長」に尽きるのではないでしょうか。まさに「可愛い子には旅をさせよ」です。
 
「教育」は「教える」に「育む/育てる」と書きます。学校で「教えて」もらい、海外で「育む/育てる」。ホームステイや短期留学、長期留学、そして異文化体験等を通して、お子様の視野を広げ、様々な経験をさせる。そのことがお子様にとっての学びであり、成長につながります。
 
そして…、留学会社の私達も一緒に学んでいます。私達もまだまだ学んでいる段階、学んでいる途中なのだとも常々感じています。
 
絵の具が1色しかなかったら…
 
あなたはキャンバスに何をどんな風に描きますか?
 

アイエスエイの留学・ホームステイについて

1970年の設立以来、アイエスエイのプログラムでホームステイや留学に参加された方は延べ40万人以上。47年間にわたる経験とノウハウを活かし、保護者の皆様にご安心いただけるよう、大切なお子様をお預かりする立場として安全対策に全力で取り組んでおります。グループツアーの場合、日本出国から帰国までの全行程、1グループにつき、2名以上の添乗員が同行します。プログラム中は、現地コーディネーターもサポートします。また、日本国内では、アイエスエイスタッフがお電話とメールにより、皆様からのお問い合わせに対応させていただきます。

留学・ホームステイ先を国から選ぶ