コラム

総合トップ » 英語力の伸長に効果的な留学・語学研修の参加年齢は?
2017年6月1日 木曜日
英語と留学

英語力の伸長に効果的な留学・語学研修の参加年齢は?

「子どもに英語を学ばせたい」と思ったらすぐに始めましょう。語学は早く始めるほど効果的です。また、近年は幼い頃から習得しないとネイティブのような発音で話すことはできないと言われています。
 

言語は早く学び始めるほど身に付きやすい

 
一般に、言語は12~13歳までに学んでおかなければ、その後ネイティブのように話すことは難しいと言われています。これは臨界期と呼ばれるもので、失語症の研究をしている学者達によって提唱されています。また、言葉を聞き取るための聴力がピークに達する時期は6歳とされています。
 

日本国内では英語の早期学習を促す流れに

 
英語の習得は、個人だけでなく国全体でも力を入れてきています。2017年2月には、小5・6年生の英語を教科化し、小3と小4に外国語活動を前倒しする、文部科学省の学習指導要領の改定案が公表されました。各学校の判断によって、2018年度からの先行実施も認められることになりました。教育制度の変化による影響はすでに出ており、ここ数年でホームステイプログラムに参加する小学生が増えています。
 

留学など、学年に合わせてベストな勉強法を取り入れる

 
より高い英語力を身に付けるために、できるだけ早く学習を始めましょう。ただし、がむしゃらに学ばせてもあまり効果がありません。これはお子様の学年によってベストな勉強法が異なるためです。
 

小・中学校では「習うより慣れろ」

 
小・中学校のうちに難しい内容を学ばせることはNGです。本人が理解できないことがあり、「つまらない」と投げ出してしまう恐れもあります。最初は英語に慣れ親しむことが大切です。

おすすめはホームステイです。楽しくコミュニケーションを取ることで、英語の学習に対するモチベーションがアップします。異文化体験学習のプログラムは、参加可能な年齢がそれぞれの現地運営団体で定められています。申込前に募集要項をしっかりとチェックしましょう。
 

高校生になったら長期の留学にチャレンジ

 
高校生になると自分でモチベーションを保ち、難しいことに対しても粘り強く取り組めるようになります。そこで、この時期に数ヶ月という長いスパンを海外で過ごす交換留学もしくは私費留学に挑戦してみるのも手です。異国の文化や価値観を知る、自立心が養われる等、語学力以外にも人間的に大きく成長できます。

「海外は敷居が高い」と思う方には、イングリッシュキャンプ等の国内で実施されるプログラムでも十分な効果が期待できます。

いずれにせよ、お子様の英語学習はすぐにスタートしましょう。人間の能力という面でも、日本の教育事情という面でも、語学は早ければ早いほど有効です。学年に合わせて留学や国内での英語研修などを取り入れていくことで、英語力の効果的な伸長が期待できます。

Tag:
小学生
中学生
高校生
高校留学
国内留学
親子留学
ホームステイ