大学受験に失敗しても、海外大学進学なら大丈夫!

総合トップ » 留学コラム » 大学受験に失敗しても、海外大学進学なら大丈夫!
大学受験に失敗しても、海外大学進学なら大丈夫!
2020/01/30【困った!こんな時は…】
この記事は約6分で読めます。

日本の大学受験に失敗しちゃった…。でも人生お先真っ暗というわけではありません! 海外大学進学なら大丈夫!まだ十分間に合います。出願スケジュールや学費、進学後の英語力について、日本の大学受験後でも海外大学進学をおすすめする理由をJAOS認定留学カウンセラーが解説します。
 

 
<Summary>
日本の大学受験に失敗しても、海外大学進学なら大丈夫!
・日本の受験シーズンによくあるお問い合わせ
・海外大学進学のために知っておきたい各国のスケジュール
・海外大学は入試制度や合否の基準も日本とは異なる
・海外大学進学先の学生にもメジャーな奨学金を活用して、学費をセーブ!
・誰もが直面する英語力の壁!? 乗り越えることで大きな人間的な成長も!
 
★☆今回のナビゲーター☆★
アメリカの大学入学を夢見るあまり、高校卒業後にファストフード店でのオーダーもままならない英語力で渡米。TOEFLスコアはアメリカのコミュニティカレッジ入学の最低ライン…。それでもくじけることなく、周りの現地学生や留学生との温かい交流を通して約2年で無事卒業! アメリカでの教育実習等を経て4年制大学に編入し、これまた留年することなく卒業。現在は、未来のある子どもたちの英語教育に携わるという夢を実現し、高校留学や海外の大学進学のカウンセリングに従事。JAOS認定留学カウンセラー。
 

日本の大学受験失敗は、海外大学進学のチャンス!?

 
日本の大学受験シーズンになると、「大学受験に失敗したのですが、今年の海外大学進学はまだ間に合いますか?」というお問い合わせを多くいただきます。答えは「Yes」です!
 
また、「これまで海外の大学進学を想定した準備はしていなかったけれど、本当に授業についていけますか?」と聞かれることも多いです。答えは「Yes」です!
 
日本の大学受験で勝ち組になるためには、長い期間かけて準備しなくてはなりません。そんな国で育った私達であれば、「海外はなんでそんなに大学進学が簡単なの?」と疑問が湧くかもしれません。それは簡単なのではなく、そもそも海外の入試制度、合否の決め手となるポイント、授業で重視されること、大学のサポート体制などが、日本とは大きく異なるからなのです。
 
この違いを理解することで、海外大学が、自分の進路選択の一つに入るはずです。さらには海外の大学を選択することで、よりよい将来を切り拓くこともできるでしょう。
 

大学受験に失敗しても、海外大学進学ならまだ間に合う!

 
大学受験に失敗しても、海外大学進学ならまだ間に合う!
 
海外大学進学なら、日本の大学受験後の出願でも間に合います。3~4月頃までに出願できれば、その年に進学できる可能性が高いでしょう。アメリカ、カナダ、イギリスの新学期は8〜9月から始まり、多くの大学の出願の受付は4〜5月まで行われています。オーストラリアやニュージーランドなど南半球の大学の新学期は2月からが多いですが、年に3回の入学を認めている大学も多くあります。また、マレーシアやシンガポール等は大学によって異なりますが、多くの大学が年に数回入学時期を設けています。
 

海外大学進学の出願は実はシンプル!

 
海外では大学や学部が独自で行う入学試験はほとんどありません。高校の成績やエッセイなどの書類審査を通して人物重視の総合評価で合否が決まるのが一般的です。また、規定の英語力がない場合は、大学付属の語学学校で提供されている英語コースからスタートできるため、学校によってはTOEFLやIELTS等のスコアレポート無しで出願できます。
 
さらに、アメリカやカナダではコミュニティカレッジ(通称コミカレ)と呼ばれる2年制大学から4年制大学へ編入するための制度が整備されています。特にアメリカはコミカレの入学条件が4年制に比べ緩やかであるにも関わらず、トップ大学へ編入できる可能性があることから、向上心のある学生にとっては魅力的です。特にカリフォルニア州のコミカレは、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)やUCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)といった、東京大学より世界的に高い評価を受けている有名大学への編入実績が多いため、人気があります。
 

気になる海外大学進学の学費も何とかなる!?

 
海外大学進学というと学費が高額で手が出ないというイメージがあるかもしれません。でも、奨学金を活用することで、学費を抑えることができます。特にアメリカでは、留学生に対しても給付型の奨学金制度がある4年制の大学が多くあります。奨学金の決め手になるのは主に高校の成績と課外活動の実績です。これらをうまくアピールし、奨学金を獲得することで、下宿しながら日本の私大に通学するのと同じくらいの経済的負担に抑えることができる場合もあります。
 

海外大学に進学してからが心配!?

 
「海外大学へ進学ができることはわかったけれど、海外大学進学後の授業についていけるか心配…」という方もいるでしょう。大学によっては付属の語学学校が提供している英語コースで十分な英語力を身につけてから進学できる他、大学の授業と並行しながら英語のサポートを受けられるオプションを提供している大学もあります。
 
また、事前にどんなに十分な英語の準備をしたとしても、ほとんどの日本人学生は何かしらの形で英語力の壁にぶつかります。そんな時に役立つのが日本の大学受験準備で培った基礎学力です!
 
また、学びたい、成長したいという自分の向上心や、自分の意見を伝えようという積極性があれば、乗り越えられるものです。困難を乗り越えることで大きく成長し、就職活動では日本の大学を卒業した学生に比べ高い評価を得ることも多いでしょう。
 
日本の大学受験、浪人するかで迷ったら、ぜひ海外大学進学という進路も視野に入れてみてください。
 
 

|海外大学進学や大学留学のハードルは実は高くない!?

海外大学入学,海外大学進学,大学留学
海外の大学に入学するって難しいの?
 
海外大学進学や大学留学に大切なのは海外の大学で学び、成長したいという気持ち! 海外大学進学や大学留学のメリット、海外の大学に入学するための英語力や費用、日本人留学生におすすめの海外大学進学の方法等を留学カウンセラーがご紹介します。
 

 

|挑戦しがいのある海外大学進学で、夢に近づく進学を!


海外大学進学は「逃げ」なのか!?
 
将来、海外とつながる仕事をしてみたい! と思っている中高校生の皆さん、その夢を実現させるため海外大学進学について大人に相談したら、「海外大学進学は逃げだ」と言われて悩んだりしていませんか? 海外大学進学は「逃げ」なのでしょうか? JAOS認定留学カウンセラーが解説します。
 

アイエスエイの留学・ホームステイについて

1970年の設立以来、アイエスエイのプログラムでホームステイや留学に参加された方は延べ60万人以上。50年間にわたる経験とノウハウを活かし、保護者の皆様にご安心いただけるよう、大切なお子様をお預かりする立場として安全対策に全力で取り組んでおります。グループツアーの場合、日本出国から帰国までの全行程、1グループにつき、2名以上の添乗員が同行します。プログラム中は、現地コーディネーターもサポートします。また、日本国内では、アイエスエイスタッフがお電話とメールにより、皆様からのお問い合わせに対応させていただきます。

留学・ホームステイ先を国から選ぶ