総合トップ » 高校生留学
高校生留学
高校生留学
高校生留学

アイエスエイのプログラム

●グループで行く短期留学
グループで行く短期留学
夏休みなどの長期休暇にグループで行く短期留学プログラム「チャレンジホームステイ」。異文化体験を主な目的としたホームステイや寮滞在のプログラムです。出発から帰国まで添乗員が同行するので初めての留学におすすめです。
期間も1~3週間と豊富なコース設定で、アメリカをはじめとする定番の英語圏に加えてシンガポールやセブ島も登場!
幅広い選択肢の中から高校生のあなたにピッタリのコースが見つかるはずです。
●語学留学&ジュニアプログラム
語学留学&ジュニアプログラム
海外の語学学校や教育機関が、春・夏・冬休みの長期休暇中に実施する特別プログラムがジュニアプログラムです。出発から帰国まで一人で渡航するので、英語だけでなく自立心も身に着きます。
英語レッスンやスポーツ・市内観光等のアクティビティも盛りだくさん! 現地の同世代の生徒と同じ授業に参加し、交流できる「現地校授業体験プログラム」もおすすめです。
1週間から渡航期間や時期が選べるので、部活などで忙しい高校生のあなたにもベストな留学が見つかります。
●高校生交換留学
高校生交換留学
高校生交換留学は、ホームステイと現地校生活を通した異文化の相互理解を主な目的とした民間大使としての1学年間(10ヵ月~12ヵ月)の留学です。成績や出席、英語などの基準を満たす必要があります。
現地高校への正規留学なので単位認定の対象となるほか、民間大使としての留学のため、滞在費やホストスクールの授業料が原則免除になり、留学費用を抑えることができます。日本の代表として異文化交流に興味がある、自分で頑張りたいといった志ある高校生の留学におすすめです。

*留学先がイギリスの場合、留学期間は6カ月間となります。
*アイエスエイでは、企画・監修・運営団体の特定非営利活動法人日本国際交流振興会(JFIE)から委託を受け、旅行の手配業務、英語学習指導やカウンセリング等を行っています。
●高校生私費留学
高校生私費留学
高校生私費留学は、個人の希望や目標に合わせて、留学先の地域や学校・期間・入学時期・滞在形態が選択できる自由度の高い留学です。交換留学と異なり留学期間も選ぶことができるので、3ヵ月間のターム留学、留学先で高校卒業を目指す卒業留学も可能です。
1学年間は期間が長くて不安だけど、3ヵ月間なら頑張れそうという人や、将来海外大学進学も視野に入れて留学したい高校生におすすめです。

アイエスエイの高校生留学のメリット

急速なグローバル化の中でも、世界のどこにいても活躍できるグローバル人材育成を目指したアイエスエイのプログラム。最も多感な高校生の留学には様々なメリットがあります。
豊富なプログラムで海外/国内で一人ひとりの英語力をUP!
豊富なプログラムで海外/国内で一人ひとりの英語力をUP!
英語の基礎を学んだ高校生の海外留学なら、現地で活きた英語を学べるから滞在期間が長いほど知識ではなく母国語のような感覚で英語が身に着きます。英語が苦手、海外は不安という場合でも、国内の英語研修プログラムや海外大学のメソッドを活かしたUCDアカデミック英語講座といった豊富なプログラムで一人ひとりにあった英語力UPの機会を提供します。
7,800人以上を長期留学に送り出した実績があるから、出発前も帰国後も安心
7,800人以上を長期留学に送り出した実績があるから、出発前も帰国後も安心
長期留学に7,800人以上を送り出してきたアイエスエイには、多くの成功体験や失敗談、トラブル解決のノウハウがあります。毎年多くの生徒を送り出す経験豊富なカウンセラーが事前オリエンテーションから滞在期間中、帰国オリエンテーションまで二人三脚でサポートするので安心。帰国後は自身の留学経験を活かして帰国生が活動するリターニーの会に参加も可能です。
世界10カ国14以上の現地団体と連携し、現地での安心・安全をサポート
海外では高校生は大人の一人。身の回りのことは自分ですることが求められます。とはいえ、言葉の通じない初めての環境で思いがけないトラブルもつきものです。アイエスエイでは、世界10カ国14以上の現地団体と国内スタッフが連携をとり、安心して相談できる関係性の構築と課題解決に向けたカウンセリングをおこない生徒自身が1つ1つの困難を乗り越えられるようサポートをしています。
世界10カ国14以上の現地団体と連携し、現地での安心・安全をサポート
留学経験を活かして、次のステップアップへ
帰国後は留学を通して身に着いた自信や積極性から大学進学、その先のキャリアへと意識が高まります。「ライフステージラーニング」を掲げそれぞれの成長に合ったグローバル人材育成をサポートするアイエスエイは、高校留学後のステップアップとして海外大学進学もサポート。個人の志向や得意分野を活かせる大学の選定や、出願手続きのサポート、奨学金制度の紹介を含め様々な形で夢の実現を応援します。
留学経験を活かして、次のステップアップへ

アイエスエイの高校生留学体験

チャレンジホームステイ
チャレンジホームステイ
留学先・地域:イギリス/ブライトン郊外
留学期間:2018年7~8月(17日間)
名  前:M.T. さん
世界各国の同世代の人たちと交流がしたくて参加しましたが、上手く話せるか、自分の英語が伝わるかすごく不安でした。実際にプログラムが始まると留学生と交流する機会も多く、自然とコミュニケーションがとれるようになりました。英語が伝わらなくても諦めずに話そうと努力したことで、より多くの異文化に触れることができたと思います。将来、グローバルに活躍できるように、英語を含め今できる努力をしていきます。
語学研修(トビタテ!留学JAPAN派遣留学生)
語学研修(トビタテ!留学JAPAN派遣留学生)
留学先・地域:アメリカ/ボストン
留学期間:2018年7月(14日間)
名  前:中野 まひろさん
現地でいざ授業を受けると、周りの知識や経験の豊富さについていけず、初めは戸惑いました。しかし、周りに助けを求めることで、英語や技術だけでなくみんなと仲良くなることが出来ました。
この留学を通じて、英語力と豊富な知識や技術力はもちろんですが、わからないことを臆さずに周囲に聞くことの必要性を感じました。今回の留学で出会った、同じ夢を持つ世界の同世代の友達を今後も大切にしたいです。
高校生交換留学
高校生交換留学
留学国・地域:カナダ/プリンスアルバート
留学期間:2016年8月~2017年6月(11ヵ月)
名  前:平松 厚人さん
「英語が話せるようになりたい」その一心で留学を決めました。カナダでは英語だけでなく、日本ではぶつかることのないたくさんの壁にぶつかる経験をしました。高校2年生という多感な時期に留学を経験し、一つ一つの壁を乗り越え成長できたことは僕の人生の大きな財産になりました。
高校生私費ターム留学
高校生私費ターム留学
留学先・地域:オーストラリア/ビクトリア州
留学期間:7月~9月(約10週間)
名  前:J.A. さん
2ヵ月目に自分の英語が伸びていないと不安と焦りを強く感じるようになりましたが、ホストマザーに「ゆっくり会話の中で覚えたらいいよ」とアドバイスをもらい、気持ちが楽になりました。次第に受け答えもスムーズになり、英語が上手になったと言ってもらえたことが自信になっています!

高校生の留学でよくある質問!

●高校生の短期留学 よくある質問

高校生が参加できる短期留学はどのようなものがありますか?
高校生の短期留学は「チャレンジホームステイ」と「ジュニアプログラム」があります。
「チャレンジホームステイ」が異文化体験を主な目的とした添乗員付きのグループツアーであるのに対し、
「ジュニアプログラム」は英語の語学力向上を主な目的とした出発から帰国まで、一人で渡航する短期の語学留学です。
英語に自信がないのですが、参加しても大丈夫ですか?
「英語に自信をもちたい」、「英語を好きになりたい」、「英語を話せるようになりたい」という気持ちがあれば大丈夫です!留学をより有意義なものにするためにも、事前に簡単な英会話を勉強したり、新しい単語を覚えたりすることをお勧めします。現地で言いたいことや気持ちが通じた時の喜びは、きっと大きな自信になるはずです。
英語レッスンや現地校の授業はどのような内容ですか?
英語レッスンは1クラス約15名~25名です。滞在に必要な英会話をリスニング&スピーキングを中心に学びます。アクティビティやホストファミリーとのコミュニケーションで活かせる内容なので、レッスンで習った英語を積極的に使うことで英語が身に着きます。現地校プログラムでは通常の授業に参加するので、様々な科目を英語で学びます。英語で考え、発表するような場面も多く、同世代の生徒たちとの交流があり、英語の環境にどっぷり浸ることができます。
携帯電話/スマートフォンはもって行っても大丈夫ですか?
せっかくの貴重な異文化体験期間に集中し辛いことや、ホストファミリー、現地スタッフ、添乗員に助けを求めず信頼関係が築きにくいこと、また、現地で紛失するケースも多いため、お勧めはしていません。ご家族で使用ルール等をご相談のうえお持ちください。

●高校生の長期留学 よくある質問

留学するにはどのくらいの英語力が必要ですか?また、帰国後、どれくらい英語力はアップしますか?
高校生交換留学の場合、現地の高校生と一緒に授業を受けることから、目安としては英検準2級~2級(TOEFL iBT45点くらい)が理想的です。 私費留学の場合は、英語力に応じた留学先や、留学生のための英語クラスがある学校への留学も可能です。
帰国後、長期留学に参加した高校生の英語力を調べたところ、TOEFL iBT換算で平均20点程度英語力が向上しています。
留学の準備はどのくらい前から始めたらいいですか?
出願は出発時期の1年3ヶ月~7ヶ月前、情報収集は早い人で出発時期の2年~1年半前くらいから始めている方が多いです。留学カウンセラーと一緒に自身の目的に合った留学先国やプログラムを考え、組み立てていくには十分な時間が必要です。私費留学の場合多くの現地校では、TOEFLや英語力診断テストの結果の提出が必須となりますので、その準備にも時間が必要と考えています。
年間どれくらいの費用がかかりますか?
高校生交換留学の場合、留学先の国と時期によって異なりますがその目安としてはプログラム費用約170万円~240万円+諸経費になります。
高校生私費留学の場合は、留学先国や学校、期間を一人ひとりの希望を伺い組み立てるので、その内容によって千差万別です。おおよその目安としては、年間300万円からとなります。
費用の内訳としては、授業料、滞在費、留学の手続き費用等があります。料金の詳細はお問い合わせください。
ホストファミリーはどのように選定されているのでしょうか?
JFIEが提携する現地受け入れ団体が、留学生から提出されたアプリケーションをもとに、各生徒にふさわしいと思われる家庭を留学生の受け入れを希望しているファミリーの中から選びます。現地受入団体のスタッフはホストファミリー宅を訪問し、異文化交流に関心を持ち、その意義を理解しているかどうかなどを基準に、留学生を受け入れるにふさわしいホストファミリーを選別します。
留学中の単位は、日本の高校で単位認定されますか?
文部科学省は2010年4月より「高校生の1学年間の留学に対して、在籍する日本の学校の最大36単位まで認める」と単位認定制度の一部改定を行いました。
帰国後その単位が認定され、休学せずに進級できるかどうかは、在籍校の判断によります。従って、留学前に在籍校に確認しておくことが必要です。

高校生留学、冬のおすすめコース

●2020年夏出発高校生交換留学
●2020年夏出発高校生交換留学
2020年夏出発なら、留学先の学校は学年のスタート時期。転校生や他国の留学生も多く気後れすることなく学校生活がスタートできます!ホームカミング、ハロウィン、クリスマス、プロムとその国独自の文化を充分に楽しめるので、英語も文化もしっかり経験ができます。
夏出発の交換留学なら、10月末までの出願申込でプログラム費用より3万円が控除になります。
短期間でギュッと現地の生活を体験!3ヵ月のターム留学
●短期間でギュッと現地の生活を体験!3ヵ月のターム留学
1月出発の3ヵ月のターム留学なら春休み期間を挟むので、日本の高校に通学しない期間も短く、帰国後、日本の授業や大学受験準備への影響も軽減できて安心です。
滞在先がオーストラリアやニュージーランドならこの時期は真夏!真逆の季節だからこそ、独特の風習も体験できます。滞在中に卒業まで頑張りたい!と意欲がでてきたら、滞在期間を延長できる可能性もあるのでご相談ください。
2019年冬出発チャレンジホームステイ
●2019年冬出発チャレンジホームステイ
オーストラリア/ケアンズ 2019年12月21日~ 2019年12月29日 ( 9日間 )
毎年人気! 常夏のケアンズでのホームステイプログラムです。充実の英語レッスンでしっかりと英語を学びながら、グレートバリアリーフやグリーン島遠足、アボリジニショー、コアラやカンガルーにも会える動物園遠足などアクティビティも充実!真夏のクリスマス、ビーチサンダル姿のサンタさんなど冬休みだからこその体験は一生モノ!
*関西国際空港出発は日程・日数が異なります
2019年冬出発の語学留学(ジュニアプログラム)
●2019年冬出発の語学留学(ジュニアプログラム)
高校生限定!インターナショナル ランゲージ アカデミー オブ カナダ【ILAC】(カナダ/バンクーバー)
ILACのフルタイムアカデミックプログラムは、短期間で集中的に英語を学びたい方におすすめ。選択科目はスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングに加え、映画英語、演劇英語、音楽英語、発音など豊富な選択肢があります。国内海外の大学受験はもちろん、大学入学前に、短期集中型で英語をブラッシュアップしたい、高校3年生の方にもぴったりのプログラムです。

高校生に人気の留学先

アメリカ
アメリカ
音楽、ドラマや映画、フードなどあらゆるシーンで日本人にとって身近な存在の国アメリカは、ホームステイ先としても常に人気の高い留学先です。
滞在先は都市ではなく郊外になる場合が多く、高校生活では映画や海外ドラマ等で見たことのある部活動やドレスアップするダンスパーティーなど学校行事が多く文化の違いを楽しめることも魅力の一つです。
アメリカ
オーストラリア
オーストラリア
美しい海、緑豊かな山々やウルル(エアーズロック)に代表される自然、景観の美しさとトップクラスの教育力を誇るオーストラリア。
真夏のクリスマスなど日本と季節が逆転しているからこそ体験できる独自の文化や風習、オーストラリアにしか生息しない動物との交流は一生モノの経験になると人気があります。
オーストラリア
カナダ
カナダ
雄大な自然と都市が調和した、世界でも有数の住みやすさと治安のいい国と言われるカナダ。多様なバックグラウンドを持つ人を受け入れてきた歴史もあり、留学生にとても寛容であることが人気の理由。安心できる環境で、個人のペースを大切にしながら学ぶことができます。
カナダ
イギリス
イギリス
英語発祥の地イギリス。教育システムが整っていること、英語教育のレベルの高さから、留学生の受け入れに審査基準がありますが、その教育の質の高さが信頼されています。
本場のクイーンズイングリッシュを学び、地域貢献活動などを通して人間力を鍛える教育を経験できます。
イギリス
■ 日本でアカデミック英語を学ぶなら
カリフォルニア大学デービス校 国際教育センター 東京校 UCDアカデミック英語講座
カリフォルニア大学デービス校
米国最難関大学のひとつ、カリフォルニア大学デービス校 国際教育センターのメソッドで、アカデミックスキルの習得を目指す講座です。
米国大学進学はもちろん、国内の大学受験や高校留学の準備にも最適です。
■ 海外大学進学を考えているなら、アイエスエイの海外大学進学・留学サポート
アイエスエイの海外大学進学・留学サポート
海外の大学及び高等教育機関との提携による様々な海外大学進学制度をご案内。留学カウンセラーが、あなたに最適な大学と進学プランをご提案し、出願のお手伝いをします。

アイエスエイの高校生留学サポート体制

●お申込みから出発までの流れ

短期留学ツアー
個人で行く語学留学
高校生交換留学
高校生私費留学

●サポート体制について

サポート体制について
アイエスエイの海外大学進学・留学サポート