よくある質問 (高校生の留学)

総合トップ ≫ よくある質問 高校生の留学

短期留学

Q
高校生が参加できる短期留学はどのようなものがありますか?
A

高校生の短期留学は「チャレンジホームステイ」と「ジュニアプログラム」があります。 「チャレンジホームステイ」が異文化体験を主な目的とした添乗員付きのグループツアーであるのに対し、 「ジュニアプログラム」は英語の語学力向上を主な目的とした出発から帰国まで、一人で渡航する短期の語学留学です。

Q
ひとりで参加しても大丈夫でしょうか?
A

もちろん大丈夫です。ほとんどの方が一人で参加しています。もちろん大丈夫です。 皆さん同じような世代ですから、打ち解けてお友達になっています。

Q
英語に自信がないのですが参加出来ますか??
A

出来ます! 「英語に自信をもちたい」、「英語を好きになりたい」、「英語を話せるようになりたい」という気持ちがあれば大丈夫です! 留学をより有意義なものにするためにも、事前に簡単な英会話を勉強したり、新しい単語を覚えたりすることをお勧めします。 現地で言いたいことや気持ちが通じた時の喜びは、きっと大きな自信になるはずです。

Q
英語レッスンや現地校の授業はどのような内容ですか?
A

英語レッスンは1クラス約15名~25名です。滞在に必要な英会話をリスニング&スピーキングを中心に学びます。 アクティビティやホストファミリーとのコミュニケーションで活かせる内容なので、レッスンで習った英語を積極的に使うことで英語が身に着きます。 現地校プログラムでは通常の授業に参加するので、様々な科目を英語で学びます。英語で考え、発表するような場面も多く、 同世代の生徒たちとの交流があり、英語の環境にどっぷり浸ることができます。

Q
アレルギーや既往症がある場合はどうしたらいいですか?
A

アレルギーや既往症がある場合には事前に必ずご申告ください。提出して頂くアプリケーションフォームでご希望や症状の詳細を お知らせ頂いた上で現地受入団体でも十分に考慮しますが、ご希望に沿えない場合もございますので予めご了承ください。

Q
携帯電話やスマートフォンは持っていっても大丈夫でしょうか?
A

せっかくの貴重な異文化体験期間に集中し辛いことや、ホストファミリー、現地スタッフ、 添乗員に助けを求めず信頼関係が築きにくいこと、また、現地で紛失するケースも多いため、お勧めはしていません。 ご家族で使用ルール等をご相談のうえお持ちください。

Q
お小遣いはどのくらい必要ですか?
A

約2週間のプログラムの場合、これまでの参加者の平均持参金額は3~5万円です。 参加されるプログラムによって食事条件や現地交通費有無等現地で必要となる費用が異なりますので、 パンフレットでご確認いただくか、弊社スタッフへお問い合わせください。

Q
ホームステイがうまくいくか心配です。
A

ホームステイでは、知らない人の家庭、しかも異国で日本語の通じない中で生活をするので、不安は当然です。 ホームステイ先のルールや文化、生活スタイルを尊重して受け入れる努力をし、今の日常生活との違いをポジティブに感じて 楽しむことが成功のポイントです。どうしてもうまくいかない時や困った時は、一人で悩まずに添乗員や現地のスタッフに相談をしましょう。

Q
ホストファミリーのリクエストは出せますか?子どもがいるファミリーにしてもらえますか?
A

ホストファミリーにはいろいろなタイプの家庭があります。 両親がそろった家庭もあれば、そうではない場合もあります。共働き家庭や子どもがいない家庭、 他国の留学生が滞在している家庭と様々です。人種や宗教も各家庭によって異なります。 ホストファミリーの家族構成や人種、年齢、宗教などプライバシーに関わることについての希望はお受けできませんのでご了承ください。

Q
現地で困ったときはどうしたらいいですか?
A

現地でのトラブルは誤解やコミュニケーション不足による場合がほとんどです。 言葉・文化・習慣などの異なる国、家族や同年代の生徒と生活を共にするので、初めはお互いに多少の不安があります。 自分で解決が難しいトラブルや困ったことがあった時には一人で悩まず、添乗員や現地のスタッフに相談しましょう。

長期留学(交換留学・私費留学)

Q
留学するにはどのくらいの英語力が必要ですか?また、帰国後、どれくらい英語力はアップしますか?
A

高校生交換留学の場合、現地の高校生と一緒に授業を受けることから、目安としては英検準2級~2級(TOEFL iBT45点くらい)が理想的です。 私費留学の場合は、英語力に応じた留学先や、留学生のための英語クラスがある学校への留学も可能です。 帰国後、長期留学に参加した高校生の英語力を調べたところ、TOEFL iBT換算で平均20点程度英語力が向上しています。

Q
年間どれくらいの費用がかかりますか?
A

高校生交換留学の場合、留学先の国と時期によって異なりますがその目安としてはプログラム費用約170万円~240万円+諸経費になります。 高校生私費留学の場合は、留学先国や学校、期間を一人ひとりの希望を伺い組み立てるので、その内容によって千差万別です。おおよその目安としては、年間300万円からとなります。 費用の内訳としては、授業料、滞在費、留学の手続き費用等があります。料金の詳細はお問い合わせください。

Q
行きたい地域や学校は自分で選べますか? 1年以上留学できますか?
A

交換留学は1学年間(イギリスは半年間)の異文化交流を目的としたプログラムであり、留学先の国は希望を出すことができますが、 地域やホストスクールの選択、留学期間の延長はできません。卒業を目的とする留学や地域を選びたい場合は私費留学をお勧めしています。

Q
ホストファミリーはどのように選定されているのでしょうか?
A

JFIEが提携する現地受け入れ団体が、留学生から提出されたアプリケーションをもとに、各生徒にふさわしいと思われる家庭を 留学生の受け入れを希望しているファミリーの中から選びます。現地受入団体のスタッフはホストファミリー宅を訪問し、異文化交流に関心を持ち、 その意義を理解しているかどうかなどを基準に、留学生を受け入れるにふさわしいホストファミリーを選別します。

Q
授業についていけるか不安です。
A

学業で困った時には、留学先の学校の先生に相談しましょう。現地でスムーズに授業に参加するために出発までの間、英語の勉強をすることも大切な準備の一つです。 なお、私費留学の場合は国や学校によって、留学生など英語を母国語としない生徒のための英語の授業があったり、語学学校で英語に慣れてから正規の授業を受けることができる学校もあります。

Q
帰国後の受験勉強のことが不安なのですが…?
A

1年間日本で授業を受けていない、受験勉強をしていないことに不安を覚えると思います。 しかし、多くの帰国生が留学を経験したことで自分にできること、将来の夢、目標が明確になり受験に対する考えが変わるといいます。 留学で英語の成績が上がるのは事実ですが、それよりも英語をスキルの1つとして捉え将来のビジョンを描けるようになります。 また、留学経験や実用性の高い英語力は推薦入試や多くの大学が取り入れているAO入試でもアピールポイントになります。

Q
高校留学中、日本の高校ではどのような扱いになるのですか?
A

文部科学省は2010年4月より「高校生の1学年間の留学に対して、在籍する日本の学校の最大36単位まで認める」と単位認定制度の一部改定を行いました。 帰国後その単位が認定され、休学せずに進級できるかどうかは、在籍校の判断によります。従って、留学前に在籍校に確認しておくことが必要です。

Q
奨学金制度はどのようなものがありますか?
A

高校生の留学をサポートする奨学金には、官民協働で取り組む「トビタテ!留学JAPAN」や地方自治体、公的団体が支給するもの等、 様々な制度がありますのでお住まいの自治体等にお問合せ下さい。 JFIEでは高校生交換留学プログラム参加者を対象に2種類の奨学金制度を実施しています。
・JFIE Visionary Ambassadors (JVA)奨学金制度
奨学金制度の申請を希望し、「JEIE Visionary Ambassador」の選考試験に合格した方にJVA奨学金20万円を支給。
・JFIE交換留学生対象特別奨学金制度
特別奨学金制度の申請を希望し、選考試験に合格した方に50万円を支給。
*応募には在籍校及びご家庭での海外留学生の受入れ(10か月以上)が必須条件となります。