体験談

総合トップ » オーストラリア留学 » オーストラリア留学体験談一覧 » すべてが違う場所で気づく積極性と両親の大切さ

留学体験談:交換留学/オーストラリア

交換留学

すべてが違う場所で気づく積極性と両親の大切さ

オーストラリア
オーストラリア首都特別地域
留学した人 H. I.さん
留学期間 1学年間

すべてが変わった留学

私は留学すると全てが変わると思います。まずは言語。そして人間関係も変わります。両親や友達、知り合いは1人もいません。家族と仲良くなり、友達がたくさん出来るかは自分次第です。恥ずかしがったり間違いを恐れていると自分を出せないし、相手もどうしていいか分からず、結局中途半端に終わってしまいます。逆にいい関係を築けると、想像以上の素晴らしい経験が出来ます。また、両親と離れ、自分がどれほど甘えていたか、両親がどれほど大切かがよく分かります。

長い人生の中での1年間留学はとても短く、誰にも真似できない経験ができます。新しい地で新しい人との交流を深め、新しい自分に会い、充実した生活を送って下さい!

こんな学校生活です!

学校がある日は、朝は7時に起き、シャワーを浴びてから家を8時に出て、バスで通学しました。学校は9時から3時まであり、放課後は近くのショッピングセンターや地域のバスケットボールチームの練習に行ったり、何もない時は家で宿題やテレビ、ホストファミリーと散歩に行ったりしました。夕飯は家族全員で食べ、その時に1人ずつその日の出来事について話します。食後はみんなでテレビや映画を見てゆっくりし、寝るのは10時頃からでした。

私の学校はカトリックだったので宗教の授業が必修でした。宗教以外に5教科選択することが出来、体育や家庭科などのグループで活動する教科を選択し、たくさん友達を作りました。教科数がたくさんあり、教科の中でもいくつかのレベルに分かれていて、いつでも教科を変えることが出来ました。他にも日本語やイタリア語、フランス語の授業がありました。オーストラリアでは日本語が人気だそうです。

こんなところが日本と違った

1番驚いたのは生徒が車を運転して登校することです。オーストラリアは17歳から車の免許を取得出来ます。日本では見ない光景なので、すごいなと思いました。

また、全校生徒が1人1台ずつパソコンを持ち、学校から借りることも出来ました。授業でもパソコンを使い、課題も全てパソコンを使いました。教科内容や課題、連絡事項が書いてある自分専用のページもありました。先生と連絡を取る時もそこからメールで送ることが出来ました。教科書などは図書室から借りていました。