コラム

総合トップ » 留学カウンセラーが伝授! お得に語学留学に行く方法
2018年1月25日 木曜日
留学の心得
留学のお財布事情

留学カウンセラーが伝授! お得に語学留学に行く方法

語学留学,お得に語学留学,ホームステイ,中学生,高校生,大学生,社会人

留学・ホームステイで選ばれて47年、参加総数40万人を超える教育旅行の専門会社「アイエスエイ」の公式サイトです。豊富な経験とノウハウを活かし、お子様をお預かりする立場として保護者様にご安心いただけるよう、安全対策に全力で取り組んでおります。
 

 
<Summary>
滞在したい都市や期間を自分で選べる語学留学。最短1週間から参加ができるので、部活やバイト、学校や仕事が忙しい人でも気軽に参加できます。世界中から集まる留学生との交流やホームステイまたは寮での生活を通して、観光では気付くことができない経験ができるのも魅力!
 
英語圏各国に数多くある語学学校から、自分に合った語学学校を見つけ、お得な語学留学プランを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか? 留学カウンセラーがカウンセリングでよく聞かれる質問を元に、語学留学にお得に行くための方法をご紹介します。
 
★☆今回のナビゲーター☆★
大学3年の時に約1年間スウェーデンに交換留学。親指姫を彷彿とさせる!? 小柄な体格のため留学中はいつも小学生と間違われ損することもあった反面、得することも多々!? 留学を通して英語でのコミュニケーションの楽しさと重要性を実感。卒業後は留学カウンセラーとして、語学留学のカウンセリングに献身的に従事。丁寧な仕事ぶりに定評があり、リピーターの参加者も多い。
 

■郊外の語学学校が狙い目!?

 
例えばアメリカの複数都市で運営している語学学校で2週間の旅行代金を比べてみると、ロサンゼルス校やマイアミ校が約27万円なのに対し、シアトル郊外では約26万円と1万円ほど安い設定になっています。たった1万円とお思いになるかもしれませんが、滞在期間が長くなればなるほど、この差額は大きくなります。入学金や授業料、滞在費等、旅行代金に含まれる条件は同じですから、物価が高い都市部の方が旅行代金も高くなる傾向にあると言えます。
 
加えて、語学留学には旅行代金には含まれない食事代や生活費もかかります。節約を重視するのであれば、郊外に滞在し、郊外の語学学校に通うというスタイルも選択肢のひとつです。
 

■オフシーズンがお得!

 
オフシーズンがお得な理由のひとつは航空券です。語学留学では一般的に、往復航空券を自分で手配する方法と留学斡旋会社に手配してもらう方法のいずれかが選択可能です。ですが、皆さんもご存じのとおり、同じ航空会社の同じ路線を利用する場合でも、夏休み等のハイシーズンともなれば、航空券の金額はオフシーズンと比べ最低でも数万円は高くなります。
 
授業料や滞在費もハイシーズンは追加料金がかかる語学学校もあるので、なおさらオフシーズンがお得です。中学生や高校生は学校を休んで語学留学というのは難しいかもしれませんが、大学生や社会人で時間に融通がつけられるのであればぜひ検討してみてください。語学学校も比較的すいているので、ゆったりとした気分で英語の学習に専念することができます。
 
また、直前の手配は高くなるので、余裕を持って申し込むことも大事なポイントです。
 

■語学学校のパンフレットを読み込もう!

 
語学留学を決めたら、留学ポータルサイトや留学斡旋会社から資料請求をするというのが一般的ですよね。手元に届いたパンフレットに気になる語学学校を見つけたら、費用に含まれるものと含まれないものといった条件面をよく読んでみてください。その際、全体の旅行代金はもちろんのこと、滞在方法や費用に含まれる食事の回数を確認しましょう。
 
例えば滞在方法。国や都市によっても異なりますが、一般的に寮滞在よりもホームステイの方が安い傾向にあります。費用に含まれていない食事は自己負担となりますから、食事の回数も確認してください。長期間の語学留学の場合は、別途手配料が発生する場合もあります。
 

■外貨為替をチェック!

 
語学学校の授業料等は、実際の出発時期の半年から1年以上前に決定されることがほとんどですから、ニュースや新聞で見た為替レートが即日反映されるわけではありません(※)。しかし、旅行代金の費用に含まれない食費や生活費、観光や買い物等の費用に関しては、為替レートが円高、つまり海外の通貨に対して円の価値が上がっている時の方が、お得です。
(※)但し、9週間以上の滞在の場合は反映されます。
 

■語学留学に出発する前に英語のレベル上げを!

 
当たって砕けろ! 行けばなんとかなる! というスタンスで、実際何とかなっているケースもあります。が、お得感で考えるならば、英語力をアップしてから留学に出発する方が断然お得ではないでしょうか。それは、留学先でより多くのことを吸収できるからです。
 
単語帳の単語を覚える、ホームステイや生活に役立ちそうなフレーズを覚えておく、最寄駅から家までの道で目に入ってきた物やシーンを英語で表現してみる等、できることを少しずつで構いません。語学留学に参加する前に、少しでも英語や英会話の学習をしてレベル上げをしておくと、良いスタートダッシュが切れるでしょう。
 

■目的に合わせて語学留学プランを選択しよう!

 
最短で1週間から参加できる一般英語レッスン、マンツーマンの英語レッスンが受けられる教師宅ホームステイ、英語でスポーツやダンスに取り組めるおけいこ留学、インターンシップやボランティア、資格取得等ができるキャリアアップ留学、そして親子留学等。様々なプランから選べるのが語学留学の魅力です。
 
費用に直接関係することではありませんが、自分が学びたいスタイルで英語+αの学びに没頭することこそが、費用対効果の面で考えると何よりの節約なのかもしれません。
 

■信頼できる留学カウンセラーに相談しよう!

 
自分で語学学校を手配するという方法もありますが… 留学斡旋業者に支払う手配料が発生しないので、節約にはなります。でも、あまりおすすめはしません。英語圏に語学学校は数多く存在しますが、その授業のクオリティは様々であること。現地との連絡に時間がかかること等の理由から、英語が堪能な方や語学留学の経験者で、時間にある程度の余裕がある方等におすすめの方法と言えます。
 
語学留学の初心者やお子様には、経験豊富な留学カウンセラーがしっかりとカウンセリング、サポートを行う、留学斡旋会社を通した方が安心です。留学カウンセラーは語学留学のプロです。ほとんどの会社で無料の留学カウンセリングを実施していますから、ぜひ相談してみてください!
 
以上、「お得に語学留学に行く方法」について、様々な観点からご紹介させていただきました。
 
語学留学に限らず、留学すべてに言えることですが、留学の目的や目標を明確に持つことはとても大切です。留学の目的は何なのか、なぜ留学するのか、何を学びたいのか等、その目的と目標が明確であればあるほど、例えば壁に当たった時でも、英語の学習に集中でき、困難を乗り越えられます。それが「成功」と実感できる留学につながり、結果リーズナブルな留学とも言えるのかもしれません。皆さんにぴったりの語学留学が見つかりますように!

Tag:
中学生
大学生
社会人
語学留学
交換留学
ホストファミリー