総合トップ » 海外大学進学・留学サポート

ISAの海外大学進学・留学サポート

ISAなら豊富な海外大学進学プログラムの中から、
留学カウンセラーがひとりひとりに最適な大学と進学プランをご提案、出願のお手伝いをします。
しかもカウンセリングは初回無料! 無料説明会も実施しています。
海外大学への進学や留学、将来の夢に近づくための一歩を踏み出してみませんか?

海外大学進学にまつわる疑問 Questions

  1. 学費はどれくらいかかる?
  2. 英語力はどれくらい必要?
  3. 卒業は難しい?
  4. 卒業後の進路は?
  5. 奨学金はあるの?
  6. 準備はいつから?

ISAの留学カウンセラーが
海外大学進学をサポートします!

学費が高い、英語が難しい…。これが海外大学進学に対する一般的なイメージなのではないでしょうか?
もちろんそういう大学もありますが、すべてではありません。

学費が高い?

卒業までにかかる費用ですが、例えばカナダでは年間約200万円程度×4年間、オーストラリアでは年間約300万円程度×3年間という大学もあります。
学費と生活費込みの金額です。
仮に東京でひとり暮らしをして私立大学(国際系、芸術系、理系)に通うのと、費用面でさほど変わらないことにお気付きいただけますでしょうか?
他にも、奨学金を活用して学費を抑えるという方法もあります。

英語が難しい?

英語力に関しても、パスウェイ・プログラム等を利用すればTOEFL 46点~、IELTS 5.5点~(TOEICに換算すると600点~)での出願も可能です。
他にも、コミュニティカレッジや大学付属の語学学校等を活用すれば、大学選択の幅はぐっと広がります。

皆様が不安に感じるほど、海外大学進学のハードルは高くはないのです。
「海外の大学に進学したい」、「海外の大学でしか学べない分野がある」。
大切なのは海外の大学で学び、成長したいという気持ちです!

ぜひISAに皆様の夢や目標を実現するお手伝いをさせてください。
海外大学進学に関することなら、どんなことでも結構です! お気軽にご相談ください。

もっと詳しく知りたい方は無料のカウンセリングまたは説明会で!

※カウンセリングは品川のISA首都圏支社で実施します。お電話またはSkype等でも随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

あなただけのベストプランを、
留学カウンセラーがご提案! Programs and courses

進学
4年
米国トップレベル
リベラルアーツ 4年制大学大学進学コース

アメリカのトップレベルの大学を目指す!

アメリカのトップレベルのリベラルアーツ・カレッジへの進学サポートプランです。
リベラルアーツ・カレッジ(Liberal Arts College)は、人としての成長を促し、教養を身に付けた知識人、社会のリーダーを養成することを目的とした4年制の私立大学です。
文系理系に関わらず人文、社会科学、自然科学、芸術等の多岐にわたる分野を横断的に学ぶことができます。

学生数が4000名くらいまでで小規模なのもリベラルアーツ・カレッジの特長。
そのぶん、教授の手厚い指導が可能になり、アイビーリーグの大学院やメディカルスクール、ロースクールへの高い進学率を誇ります。
また、ほとんどのリベラルアーツ・カレッジは郊外に位置するため、自然豊かなキャンパスでのびのびと大学生活を送れるのも魅力です。

コース概要
渡航先 アメリカ 費用の目安 約400~500万円(年間)※学費と生活費を含みます
形 態 4年制大学 英語力の目安 TOEFL 80~、IELTS 6.5~
メリット ・大規模な総合大学よりも、教授から丁寧な指導を受けることが可能
・トップレベルの学生と肩を並べ、議論やプレゼンテーションを通じて切磋琢磨しながら自身の内面を磨くことができる
進学先大学例 Saint Mary’s College of California




進学
1+2年or3年
4年制大学進学パスウェイ・プログラム

「パスウェイ」を利用して、賢く有名大学に入学!

海外の国公立の有名大学が留学生向けにデザインしたプログラムがパスウェイ・プログラムです。
現地の大学で1年間のパスウェイ・プログラムを受講した後、大学2年次に編入。
通常の学部入学生と同じ年数(パスウェイ・プログラム1年+学部課程3年)で4年制大学を卒業することが可能です※。

留学1年目のパスウェイ・プログラムを通して、大学生活を送るうえで必須のスキル(Writing, Speaking, Presentation等)
を習得することができるため、2年目以降の正規学部課程での学習もスムーズに進めていくことができます。

※オーストラリアとニュージーランドの大学制度は3年制になります。

コース概要
渡航先 アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド 費用の目安 約220万~450万(年間)※学費と生活費を含みます
形 態 パスウェイ・プログラム1年間+学部課程2年間または3年間 英語力の目安 TOEFL 46~、IELTS 5.5~
メリット ・正規入学の英語基準点を満たしていなくても、入学可能
・2年次に編入することで、正規入学と同じ年数で卒業が可能
・学生寮に滞在し、大学施設も使用可能
進学先大学例 University of Massachusetts, Boston, Oregon State University, Marshall University, University of South Florida, Colorado State University, Washington State University(US), Simon Fraser University(Canada), Griffith University(Australia), University of Canterbury (New Zealand)

進学
2年
米国コミュニティカレッジ進学コース

英語力に自信がない方でも大丈夫!

コミュニティカレッジ(Community College)は2年間で準学士がとれるアメリカの2年制公立大学です。
地域の住民へ平等な教育の機会を与えることと地域経済の発展を目的としており、州や市の税金で運営されているため、学費がリーズナブルになっています。
4年制大学に比べて入学に必要な英語力や学校成績の基準が緩やかなのも特長です。

卒業後の進路によって、職業訓練課程と4年制大学の3年次への編入を見据えた進学課程の2種類があります。
コミュニティカレッジから現地の大学への編入は、現地の学生だけでなく海外からの留学生も多く利用しています。
コミュニティカレッジでの2年間に志望校や学びたいことを見つける時間的な猶予ができる点も魅力のひとつです。

コース概要
渡航先 アメリカ 費用の目安 約220万~(年間)※学費と生活費を含みます
形 態 2年制公立大学 英語力の目安 TOEFL 61~、IELTS 5.5~
メリット ・学校成績や英語力の入学条件が比較的緩やか
・成績次第で4年制大学の3年次への編入が可能
・学費がリーズナブル
・自分に合った大学を見つける時間的猶予ができる
進学先大学例 Diablo Valley College → UC Berkeley

進学
4年
米国大学奨学金留学コース

奨学金を活用して、リーズナブルに卒業

アメリカの私立大学には、留学生に奨学金を出してくれる大学が多くあります。
留学生がアメリカの大学から得られる奨学金は、返済不要の「給付型」です。
英語力だけでなく、スポーツやアート、リーダーシップ等、様々な点が評価のポイントとなります。

各大学が定める基準を満たすことが求められますが、奨学金を得ることができた場合、コミュニティカレッジからの編入よりもトータルで安い学費でアメリカの4年制大学を卒業することも可能となります。

本コースは「米国トップレベル リベラルアーツ 4年制大学大学進学コース」の該当大学の出願時に併用できます。詳細はカウンセリングでご相談ください。

コース概要
渡航先 アメリカ 費用の目安 獲得奨学金の額による
形 態 4年制大学 英語力の目安 TOEFL 80~、IELTS 6.5~, 英検準1級~
メリット ・返済不要の給付型奨学金
・経済的に4年制大学に通うことが可能
進学先大学例 St. Mary’s College of California, University of Idaho, Benedictine College, Drew University, Oregon State University, University of South Florida, Colorado State University(USA)




留学
1年
海外大学 1年留学・学期留学コース

大学在学中に海外の大学に留学したい!

日本の大学に在籍しながら海外の大学で学ぶことができるコースです。
休学、または海外の大学で取得した単位を日本の大学に認定してもらうという2つの方法があります。

休学留学の場合は単位認定は目的とせず、大学の担当者と相談のうえ休学期間を決めます。
認定留学の場合は、海外の大学に半年から1年留学し、取得した単位を日本の大学に認定してもらいます。
大学によって認定規定が異なりますので、まずは在籍中の大学に認定留学の条件を確認することが必要です。

語学留学や学部の授業に参加するプログラム等、留学期間と目的に合わせて、様々なプランからお選びいただけます。

コース概要
渡航先 アメリカ、カナダ 費用の目安 約158万円~(学期)※学費と生活費を含みます
形 態 4年制大学のNon-degree program 英語力の目安 TOEFL 52~、IELTS 5.5~
メリット ・日本の大学に在籍中に海外大学で学べる
・コースや期間が選べる
・英語力が足りない場合には英語(Writing, Speaking 等)クラスも受講可能
進学先大学例 St. Michael’s College(USA)

海外の大学を卒業した
先輩からのメッセージ Voices of experience

Message 01 きっかけは高校でのホームステイ!
アメリカの4年制大学を3年半で卒業

ワシントン州立大学 卒業
Washington State University – Graduate

K.Mさん

中学生の時から英語が好きで、高校3年生の夏休みにアメリカで3週間のホームステイをしました。
そこで素晴らしいホストファミリーに出会えたこともあって、私はアメリカの大学への進学を決意しました。
英文の志望理由書は高校の英語の先生にも手伝ってもらい、出願。
その時点ではTOEFLの点数が足りなかったのですが、「留学生用の準備コースに通うことから始める」という条件付きで10月には合格通知が届きました。

入学してみると、出願の時に自分の確認不足で志望していた学部とは違う、政治学部の勉強から始めることになりました。
ただ、アメリカの大学は転部なども簡単で、学生アドバイザーとも相談。履修科目の重複が多い点から社会学との二重専攻をすることにしました。

留学や二重専攻は自分で選んだ道だったし、「英語は外国語だからわからない、できなくても仕方ない」という言い訳をしたくなかったので、放課後は毎日2~3時間、勉強をしていました。
そのうち、最初は聞いて板書するだけだった授業も、徐々に質問や自分の意見を言うことができるようになりました。

アメリカの大学は単位と履修科目の条件さえ満たせば卒業できるので、私は3年半で卒業することができました(Washington State University, B.A. in Criminal Justice, B.A. in Sociology)。
卒業式には日本から両親も来ましたし、高3の時にお世話になったホストファミリーも遠い所駆けつけてくれたのが嬉しかったです。

よく「アメリカの大学は入るのは簡単だが、出るのは難しい」と言われていますが、授業にきちんと出席して、わからない所は積極的に質問に行くなど、能動的に勉強をしていけば必ず結果に繋がるので、臆せずにチャレンジしてみると良いと思います!


Message 02 コミカレから4年制大学に編入。
アメリカで幼稚園教員資格取得!

コミュニティカレッジ>カリフォルニア州立大学(ロサンゼルス校) 卒業
Community College > California State University – Graduate

N.Kさん

高校卒業後にアメリカ留学を目指すも、TOEFLスコアはアメリカのコミュニティカレッジ入学の最低ラインでした。
当初はファーストフード店でのオーダーもままならない英語力で渡米した自分でも、周りの現地学生や留学生との温かい交流を通して、
くじけることなく2年でTeacher Certificate(College of the Desert, Early Childhood Education Associate in Arts Degree)を取得することができました。

その後、現地幼稚園での教育実習や教務を経験して、コミカレからのトランスファー(編入)を決意、約4年半でカリフォルニア州立大学を卒業(California State University, B.A. in Child Development)しました。
卒業後は日本のインターナショナルスクールで担任を務め、未来のある子どもたちの英語教育に携わるという夢を実現しました。
現在は管理職としてやりがいのある仕事を任され、充実した毎日を過ごしています。


Message 03 思い立ったら挑戦!
オーストラリア留学

グリフィス大学 (Nathan Campus) 1年間留学(認定留学)
Nathan Campus – Studying abroad for 1 year

N.Rさん

温暖な気候と親切な教授陣、友好的でオープンな友人達。私にとってグリフィス大学は理想的な留学環境でした。
渡航後3ヶ月程度はオージーイングリッシュが聞き取れず授業に苦戦しましたが、オフィスを訪問すればいつも親切に迎えて下さる教授陣や様々な国籍の友人達に助けられ、予定していた単位をしっかりと取得することができました。

印象に残っているのは、中国人のクラスメイトが「ネイティブと比べると授業についていけなくて悔しい!」と話していたことです。
その授業は私も歯が立たずwithdraw(履修中止)を考えていたのですが、一方彼女は堂々と発言し授業に参加していたのです。
私は衝撃を受け、同じノンネイティブで同世代の彼女がこれ程頑張っている、私もまだまだだ、と思いました。結果、最後まで授業を受け、無事単位も取得できました。

留学中には、思いどおりにいかず苦しいことも辛いこともありましたが、「自分」がどうしたいか、どうすべきなのかを考え、行動し、結果を出せた(単位を取得できた)ことでその後の自信に繋がったと考えています。とても貴重であっという間に過ぎ去る学生時代。
少しでも興味が湧いたら、海外大学へ挑戦してみてください!

海外大学進学 留学ご出発までのスケジュール Schedule

  • Step 1 カウンセリングと留学プランニング(出発の6~12ヵ月前)
  • Step 2 留学先/志望校の絞り込み
  • Step 3 留学手続き代行(出発の4~6ヵ月前)
  • Step 4 渡航手続き(出発の2~4ヵ月前)
  • Step 5 留学オリエンテーション(出発の1~2ヵ月前)
  • Step 6 ご出発!

もっと詳しく知りたい方は無料のカウンセリングまたは説明会で!

※カウンセリングは品川のISA首都圏支社で実施します。お電話またはSkype等でも随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。