体験談

総合トップ » ニュージーランド留学 » ニュージーランド留学体験談一覧 » 笑顔と感謝の留学

留学体験談:交換留学/ニュージーランド

交換留学

笑顔と感謝の留学

ニュージーランド
ウェストポート
留学した人 A.E.さん
留学期間 1学年間

笑顔でいること!

初めて親から離れて生活をして、どれだけ親に頼りすぎていたかを実感しました。日本では、この生活が当たり前だと思っていましたが、他の家族と生活をし、自分のことを自分でしていなかったことに気づきました。しかしこの留学のおかげで気づくことができ、成長できたと思います。また、笑顔でいることは大切です。最初の頃は思う様に英語を話せず、それでもとりあえず笑顔でいることは忘れないように心がけました。そうすることで、周りの人や友だちも声を掛けてくれるようになり、自分自身もhappyになりました。

こんな学校生活です!

朝8:45から学校でhomeroomが始まり、9:00からperiod 1が始まります。period 1の後には15分間のmorning tea timeがあります。すべての授業は1時間で毎5分の移動・休み時間があります。period 3の後、45分間のlunch timeがあり、period 5(15:10)が終わったら下校します。クラブ活動はlunch timeにあったり、放課後にあったりと、そのスポーツなどによって違いました。

学校のカリキュラムは、日本と結構違っていました。日本で得意だったから、好きだったからといって留学先でその科目を受講したら、まったく内容が違い、最初はこのままで大丈夫かというくらい不安でした。特にEnglishとHistoryはとても苦戦した科目です。また、ニュージーランドでは英語とMaori語の両方が使われるので、学校でMaori語を学び、新たな言語に触れることが出来ておもしろかったです。

こんなところが日本と違った

一番はやはり積極性です。学校の授業中は、先生が質問を投げかけると、我先にと生徒たちが発言をしたり、質問したりと授業中の雰囲気に圧倒されました。ニュージーランドには多くの国の、様々な人種の人たちが共同して住んでいて、他の国の文化も学ぶことができました。違う人種の人たちが互いに仲良く支え合って暮らしているところを見て、日本ではあまりこういうところは見ないなと思いました。