体験談

総合トップ » イギリス留学 » イギリス留学体験談一覧 » 他国生との交流を通しての多くの学び

留学体験談:チャレンジホームステイ/イギリス

チャレンジホームステイ

他国生との交流を通しての多くの学び

授業やコミュニケーションへの姿勢の違いを体験
イギリス
ブライトン郊外
留学した人 M.T.さん
留学期間 2018年7~8月(17日間)

他国生のフレンドリーさにびっくり

今回のプログラムに参加するにあたり、世界各国の同世代の人たちと交流が出来るというものだったので、どのような人たちが来るのだろうかとワクワクする反面、不安もあった。上手く会話出来るのか、自分の英語が伝わるのか、と心配していた。しかし、実際にプログラムの授業やアクティビティを行なっていくうちに、他国の子たちと交流する機会が多く設けられており、色々なことを話すことができた。また、話していく中で日本が好きだと思ってくれている人たちがたくさんいてとても嬉しく思った。積極的に日本語で話しかけて来ようとしてくれたり、大学構内ですれ違ったときには声を掛けてくれたり、とてもフレンドリーな人達だった。他国の人達を受け入れてくれる寛容さや、すぐに打ち解けられるコミュニケーション能力の高さに驚いた。

授業に積極的に参加する姿勢

イギリスの文化面では、伝統的な建造物やキリスト教にまつわる像などが多く見られる一方、近代的なアート作品や建築物も街の中に溶け込んでいた。
自分はプログラム中のアクティビティや授業を通して多くの外国人と様々な話をしてきたが、コミュニケーションがうまく取れなかったり、上手く伝わらなかったりしたこともあったが、それでも話をしようとすることで、コミュニケーション能力の向上、異文化の理解といったものが得られたのではないかと思っている。授業での積極的な態度に関しては大きなインスピレーションを受け、是非自分の学校でも広めていきたいとと思った。

将来はグローバルに活躍することを目指して

こうした経験を通して、将来の夢や目標として考えていることを、日本国内のみならず、海外の多くの知識を持った人々との交流や意見の交換を行なっていくことがとても大切だと思った。そのため、将来海外でも仕事ができるように今から英語力を身につけていくことが自分のため、将来のためになるのではないかと考えるようになった。グローバルに活躍できる人材となれるように、今できる努力を大切にしていこうと思った。全体を通してとても収穫の多かった研修となった。