導入事例

教育関係者の方TOP » 導入事例

導入事例

事例.1

N県理数科連合 アメリカ研修

2009年より連続実施。県内の4校連合で、アメリカのシカゴ・ボストンで行っている。滞在中は、米国で活躍する日本人に話を聞く機会も設定。「現実に直面し、自分の力を見つめ直す」研修であり、「視野が広がり、高いモチベーションが高校生活の最後まで維持される」、「参加した生徒の頑張りを見て、参加しなかった生徒にも良い刺激を与えるようだ」と高く評価され、全国紙にも紹介される。

事例.2

N県立N高校 次世代リーダー養成プログラム

2012年夏よりアメリカのボストンにてハーバード、MITなどのTOP大学にて超高校級のハイエンドな研修を実施。さまざまなレクチャー、ワークショップや現地TOP大学生とのディスカッション等を通し、生徒は自己の将来や夢、志について考え、自分に向き合う。参加生徒の帰国後の成長ぶりは学校や保護者も目を見張るほどで、模擬国連や進学実績等で大きな成果を上げている。

事例.3

T県立T高校 アメリカ研修

2014年夏に第1回を実施。定員の30名を大幅に上回る生徒が希望し、40名での研修となる。研修地はボストン。ハーバード、ハーバードメディカル、MIT、ダナ・ファーバー癌研究所等、世界一流の場所を訪問。現地で活躍する日本人の方にもご講演いただく。同年代の他国の生徒との授業や交流において、現実を知り、気付きを得る。全国紙でも紹介。

事例.4

私立J女子中高 国内英語研修

中学1年・2年、高校1年・2年と、各学年約150名全員が、3日間の英語集中研修をほぼ毎年受講。生徒約10名に1名外国人講師がつき、中1では楽しく英語に触れる⇒中2では異文化理解と英語発信力強化⇒高1ではより高度なプレゼンテーションスキルを鍛える。高2では、日本の一流大学に留学中の大学院生と、グローバルな課題について英語でディスカッションをし、より広い視野と高度な英語コミュニケーションスキルを身に付けていく。

成果レポート

成果.1

次世代系プログラム Y高校Oさん(2014年夏 女子グローバルリーダー研修参加)

自分に自信が無く、消極的な性格の生徒であったが、研修中に訪れたハーバード大学にて現地の日本人メンターから、「ハーバードに入りたいのなら、それは決して無理じゃないよ。叶うよ。ほんとに!絶対叶う」と言われ、大きな衝撃を受ける。帰国後、夢に向かってPositiveに頑張っている。

成果.2

次世代系プログラム S高校Oさん(2014年夏 次世代研修参加)

元々学年トップクラスで優秀な帰国生であったが、研修で自分の可能性を自分で狭めていたということを学んだと発表。当研修で学んだ「可能性を拡げる、自分を試したい!」という強い思いから、リベラルアーツ・カレッジへの進学を決意。結果として世界トップのAmherstとPomonaに合格!

成果.3

次世代系プログラム O女子高校(2013年夏 女子グローバルリーダー研修)

先生が心配するほど、おとなしかった女子生徒達4名が参加。帰国後の校内報告会で、自ら進んで学年生徒全員の前で堂々と発表。先生や友人を驚かせる。

成果.4

次世代系プログラム N高校H君(2009年春 米国研修参加)

米国研修参加後、自らの夢を国境なき医師団で経験を積んだ後、政治家を目指すと決め東大理Ⅲを目指す。東大には理Ⅱに合格し入学。自分の掲げた夢をかなえるため、進振りで3年時から医学部へ。