小中高生のアメリカ短期留学のメリットとデメリットとは

総合トップ» 短期留学» 小中高生のアメリカ短期留学» 小中高生のアメリカ短期留学のメリットとデメリットとは
小中高生のアメリカ短期留学のメリットとデメリットとは
小中高生のアメリカ短期留学のメリットとデメリットとは

1週間から2週間、長い場合でも3カ月程度のホームステイや寮滞在といった短期留学。アメリカ短期留学は、小中高生にも人気です。そこで、小学生、中学生、高校生に人気のアメリカ短期留学のメリットとデメリットをご紹介します。

小中高生にアメリカ短期留学が人気の理由

小中高生にアメリカ短期留学が人気の理由

海外旅行で行ったことがあったり、映画やドラマ、テーマパークなどでもお馴染みだったりするアメリカは、短期留学先として小中高生にも人気があります。音楽、ファッション、そして食べ物に至るまで、日本人にとって身近に感じる留学先と言えます。アメリカ短期留学をきっかけに、帰国後に高校留学や大学進学を目指したという小中高生も多くいます。

小中高生のアメリカ短期留学のメリット5つ

小中高生のアメリカ短期留学のメリット5つ

文化の多様性や高等教育機関の充実、世界的に有名な観光地やスポット、そしてアメリカ英語など、魅力満載のアメリカ。小中高生に人気のアメリカ短期留学のメリットを5つご紹介します。

アメリカ短期留学のメリット1:世界をリードする国で学べる

政治や経済で世界をリードする大国、アメリカ。ハーバード大学やスタンフォード大学といった、世界トップクラスの教育機関も数多くあります。参加する短期留学プログラムによっては、憧れの大学のキャンパスで学んだり、キャンパスツアーが体験できたりすることも!

 

アメリカ短期留学のメリット2:多種多様な文化に触れることができる

世界中から人々が集まり、ヒスパニック系、アフリカ系、アジア系などの様々な民族が暮らすアメリカは、文化の多様性も魅力です。いろいろなバックグラウンドのホストファミリーとの出会いや文化に触れることができるのも、アメリカ短期留学のメリットです。

 

アメリカ短期留学のメリット3:映画やドラマでお馴染みの観光スポットに行く機会がある

映画やドラマ、テレビなどで誰でも目にしたことのあるアメリカの観光スポットに行くチャンスがあるのも、アメリカ短期留学のメリット。ディズニーランドやユニバーサルスタジオといった本場のテーマパーク訪問ができる短期留学プログラムは、毎シーズン小中高生に大人気です。

 

アメリカ短期留学のメリット4:語学学校やホストファミリーが多い

英語を学びに世界中から留学生が集まるアメリカは、語学学校やホストファミリーの数が多いのが特長です。そのぶん小中高生の短期留学プログラムのバリエーションも豊富! 短期留学の目的に合わせて、プログラムが選べるのもアメリカ短期留学のメリットと言えます。

 

アメリカ短期留学のメリット5:アメリカ英語に触れることができる

アメリカ英語に直接触れることができるのも、アメリカ短期留学のメリットです。2週間程度の短期留学であっても、耳が英語に慣れるのには十分! ホームステイや英語レッスンを通して、生きた英語でのコミュニケーションを体感することができます。ハリウッド映画などでよく聞くフレーズや言い回しを、実際に聞けるかもしれません。

小中高生のアメリカ短期留学のデメリット5つ

魅力満載の小中高生のアメリカ短期留学ですが、デメリットについても5つピックアップしてみました。

アメリカ短期留学のデメリット1:アメリカ短期留学は費用が割高⁉

アメリカ短期留学に限ったことではなく、留学にはそれなりにまとまった費用がかかるものです。とは言えアジアなどの他の国に比べると、アメリカ短期留学の費用は割高に感じられるかもしれません。でも、学校や塾の勉強、部活に影響が少ない短期間で留学に行けること自体が短期留学のアドバンテージです。小中高生の短期留学には、添乗員が同行するグループツアーもあります。短期留学中の現地でのサポート、健康面や心のケアを、英語に堪能なプロの添乗員がしてくれる点は、短期留学ならではのメリットになります。

 

アメリカ短期留学のデメリット2:車がないとどこにも行けない

車社会、アメリカ。サンフランシスコなど一部の都市を除くエリアでは、公共の交通機関が発達しておらず、車がないとどこにも行けないということがよくあります。日本の市街地のようにコンビニがあるわけでもないので、ちょっとした日用品を買うのにもホストファミリーにお願いして車で連れて行ってもらう必要があることも。小中高生の短期留学の場合は、滞在生活で必要な日用品や消耗品は日本から持参するのがおすすめです。

 

アメリカ短期留学のデメリット3:治安が心配

アメリカの治安というと真っ先に銃犯罪を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、州によって銃の保有率や規制は様々です。国土が広大なアメリカですから、その治安は留学先の都市や滞在エリアによって大きく異なります。アメリカに限ったことではありませんが、留学生として日頃から気を付けたいのはスリなどの軽犯罪です。

 

まず、短期留学で犯罪に巻き込まれないようにするためには、ホストファミリーや先生といった地域住人のアドバイスにきちんと従って、自分の身は自分で守る姿勢が大切です。特に気を付けたいポイントとしては、深夜に一人歩きをしないこと、公共交通機関の中で眠らないこと、治安が悪いエリアや近づかない方が良い危険なエリアには行かないことなどです。

 

スリに狙われるので、長財布をおしりのポケットに入れて歩くのもやめましょう。多額の現金を持ち歩いたり、高級ブランド物のアイテムを身に着けたりするのも避けましょう。また、学校を含む公共の場所では、バッグは肌身離さず身に着けておくようにしましょう。アメリカに限らず、海外では油断は禁物です。

 

アメリカ短期留学のデメリット4:英語がカンペキになる訳ではない

語学の習得には時間がかかるものです。最短1週間、最長でも3カ月の短期留学で英語がネイティブ並みに上達することは、残念ながら期待できません。しかし、アメリカ短期留学のメリットでも触れたように、英語に耳が慣れ、英語でのコミュニケーションの楽しさを学ぶのには、短期留学は最適です。今後の英語学習のモチベーションアップのきっかけにもなります。

 

英語の試験で高得点を取るなら、日本にいてもできます。アメリカ短期留学のメリットは、実際にアメリカの生活や文化に触れて、現地の人々と交流できる点にあります。加えて、積極的に英語のレッスンで発言し、ホストファミリーと会話をすると、短期留学でも英語力を伸ばすことにつながります。学ぶ姿勢が大切です。

 

アメリカ短期留学のデメリット5:日本人が多い

世界の各国から留学生が集まるアメリカですから、当然日本人留学生の人数も多いです。人気エリアの語学学校ではピークシーズンともなれば、日本人ばかりということもあるかもしれません。でも、日本人が多いことがデメリットなのではなく、問題は日本人留学生達との接し方になります。日本人の友人と一緒にいる時でも、なるべく英語で会話する、他国からの留学生も交えて英語で会話するなどを心掛けましょう。

 

ISAのアメリカ短期留学おすすめプログラム

小学生、中学生、高校生を対象としたアイエスエイの短期留学では、アメリカ各都市のホームステイや寮滞在プログラムをご用意しています。

小中高生のアメリカ短期留学で人気の都市

アイエスエイのアメリカ短期留学で、小学生、中学生、高校生に人気の都市をご紹介。ホームステイや寮滞在プログラムで滞在する都市の観光、見学等の遠足や研修もあります。