総合トップ » 行って良かった!先輩に聞いた「高校留学」体験談

「高校留学」体験談

海外に興味もあるし、英語力もアップしたい、

高校留学も気になるけど、勉強や進路のことも心配!

先パイ達はどうだったの!?

アメリカ、カナダ、オーストラリアに高校留学し、

現在はこれから高校留学にチャレンジする高校生達や

海外留学生をサポートする「リターニー」活動をする

3人のリアルな高校留学体験をインタビューしました!

「高校留学」体験談
「高校留学」体験談
体験談を聞いた高校留学の先パイはこの三人!

体験談を聞いた高校留学の先パイはこの三人!

吉部 名美さん
吉部 名美さん
中学校の先生との出会いで海外に興味を持ち、学校の国際交流プログラムに参加。高校1年次にオーストラリアへ高校留学。現在、大学1年生。
牧野 夏妃さん
牧野 夏妃さん
中学2年次に英会話教室の短期プログラムでアメリカへ。留学コースのある高校を探して進学し、高校2年次にカナダへ高校留学。現在、大学1年生。
深澤 大志さん
深澤 大志さん
小学校の時に海外に興味を持ち、中学2年次に姉妹都市交流研修に参加し韓国へ。そこで、英語の大切さに気付き、高校2年次にアメリカへ高校留学。現在、大学1年生。
INDEX
高校留学を決めたのは中学生で触れた海外のこと

高校留学を決めたのは
中学生で触れた海外のこと

まず、海外に興味を持ったきっかけを教えてください。
深澤
小学6年生の時にホストファミリーをしたことがきっかけです。初めて外国の人と触れあってすごく緊張しました。
牧野
小学生の頃から英会話スクールに通っていて、英語は好きでした。あとは映画の「ハイスクールミュージカル」。海外の高校生活ってこんなに華やかなんだ!と憧れを抱くようになりました。
吉部
小学生の頃は海外に全く興味がなかったんですが、中学の担任の先生が学校の「国際交流プログラム」も担当していて、話を聞くうちに海外への興味を持つようになりました。
高校留学を目指したきっかけを教えてください。
深澤
中学2年生の時に姉妹都市交流研修に参加し、韓国の同年代の生徒達が英語で話しているのを目の当たりにして、英語の大切さを痛感したことです。英語が話せたらもっと多くの海外の人と話せるって思いました。
牧野
中学2年生で2週間の短期留学に参加したのがきっかけでもっと長期で行きたい、もっと英語を話せるようになりたいと強く思うようになりました。
吉部
高校留学をめざしていたのは中学3年生でオーストラリアの姉妹校の生徒とメールをするプログラムに参加したことがきっかけです。友達ができて、日本との違いや楽しそうな生活を知り、憧れを抱き、海外に行ってみたいと思うようになりました。
高校選びの決め手は「高校留学」?
深澤
そうですね。高校留学がしたくて、中学3年生で決心して、1年間高校留学するコースのある高校に進学しました。
牧野
はい。1年間高校留学するコースのある高校を探して、いくつかあった中から志望校を決めました。
ワンポイントアドバイス
ワンポイント
アドバイス
「高校留学」をしたい!と思ったら、志望校を決める時にしっかり調べておきましょう。2週間程度の短期留学、3ヵ月のターム留学、長期高校留学のプログラムやコースがある高校もあれば、コースが無くても多くの先輩が長期高校留学をしている高校もあります。まずは、「高校留学の希望があること」を高校の先生に伝えてみましょう。
高校留学をしたら、「チャレンジ」が大事

高校留学をしたら、「チャレンジ」が大事

高校留学をしたら、現地でやってみたかったことは?
吉部
英語を上達したいってことですね。それと、積極的で自立した人になりたいと思っていました。
牧野
海外の生活に思いっきり浸ること、部活動やイベントごとには積極的に参加することです。あと、英語が上達してたくさんの人と話したいと思っていました。
深澤
やりたいことが3つありました。1つはメジャーリーグ観戦、もう1つは野球をやって友達をたくさん作ること、最後に、アメリカでキャンプに行くことです。大きなキャンピングカーに乗ってみたかったんです。
高校留学をしたら、現地でやってみたかったことは?
皆さん、留学中にやりたいことはできましたか?
吉部
メールをやり取りしていた友達に会いました!その時はお互いにすごく緊張して。メールでのやりとりと実際に会って話すのってやっぱり違うんですよ(笑)「あなたの学校に行くよ!」って伝えることができた時が一番うれしかったです。
牧野
高校留学中は水泳部とバスケットボール部に入部しました。17歳だったので、バーシティ(高校2・3年生で編成するチーム)に入りました。
深澤
憧れのメジャーリーグを2回観戦できました。地元のフィラデルフィア・フィリーズの試合、もう1回はなんと、ニューヨーク・ヤンキースの試合です。たまたま、田中将大投手が先発で、しかも勝ったんです!すごく楽しい思い出です。
高校生活をちょっと変えたいな、人と違うことがしたいなとか思っていましたか?
吉部
私はズバリそれでした(笑)
深澤
中学の時とかすごく目立ちたがり屋だったので、高校で留学したいって思ったと思います。
牧野
末っ子で「わがまま」と言われ続けていたので、もっと自分で自分のことができるようになりたい。ちょっと、自分を変えたいなって思っていました。
ワンポイントアドバイス
ワンポイント
アドバイス
2020年1月~3月に長期高校留学に出発する中高生に「高校留学を志したきっかけ」を聞いたところ、半数以上の人が英語力の向上と共に「人とは違う経験がしたかった」と回答しています。多感な時期だからこそ、環境を変えて実践すること、思い切ってチャレンジすることが大きな成長に繋がります。
高校留学のための試験対策は早めの情報収集が大切

高校留学のための試験対策は早めの情報収集が大切

高校留学には中学の成績が必要だって知っていましたか?
吉部
牧野
知らなかったです。
深澤
先輩が高校留学していたので、その人に少し聞いていました。
牧野
高校受験の時に希望するコースに合格するには内申点の基準があると聞いていたので、高校留学のためのというわけではありませんが、英語はもちろん、全教科の勉強を頑張っていました。
高校留学のための試験対策で取り組んだことはありますか?
深澤
中学の先輩が志望校に通っていたので、自分から連絡をとって受験対策や高校留学の試験について必要なことを聞いていました。
吉部
高校留学に中学の成績や出席日数が必要というのは後で知りました。中弛みしていたら難しかったけど、英語は「5」を目指して頑張っていましたし、真面目だったので無遅刻無欠席だったのが功を奏した感じです。英語試験は英検2級試験の直後だったので、英検対策が高校留学の試験対策にもなりました。
楽しいだけじゃない!だから高校留学はもっと楽しくなる!

楽しいだけじゃない!だから高校留学はもっと楽しくなる!

高校留学中の「楽しかったこと」「困ったこと」を教えてください。
深澤
一番の思い出は「野球」です。留学生活がはじまるのは4月、その時すでに部活ははじまっていたので、事前に同じ現地の高校に留学中の先輩に連絡をしてチームメイトを紹介してもらい、やり取りをしていました。現地ではピッチャーとしてフル出場して、逆助人みたいな(笑) チームメイトに認めてもらえたので、学校生活はいいスタートができたと思います。
牧野
最初の3ヵ月は大変でした。英語は通じないし、授業もわからないことの連続で。初日にバスを間違えて(笑) 到着したところでバスの運転手さん全員に高校の名前を言って聞きまくり…やっと、「知っている」という運転手さんを発見。事情を話すと「連れてってあげるよ」って。泣きそうになりましたけど「自分で行動できた!」と自信がついた経験です。
吉部
授業変更のお知らせや、授業資料がアップされるポータルサイトの使い方が全くわからなくて、困りました。アセンブリー(ホームルーム)も時間や場所が不定期に変わって。日本と違って全部「見ている前提」で物事が進むので戸惑いました。
楽しかったことは、誕生日です。友達が誘ってくれて、当日行ったら、その時は疎遠になっていたグループの子もいて。今でも友達と思ってくれているんだっていうのが温かくて、サプライズだったこともあり嬉しかったです。
高校留学中の「楽しかったこと」「困ったこと」を教えてください
高校留学帰国後の進級・留学は学校で決まっている場合も

高校留学帰国後の進級・留学は学校で決まっている場合も

高校留学から帰国した後は進級しましたか?それとも留年しましたか?
深澤
牧野
高校で「進級」と決まっていました。
吉部
私は、1年間の高校留学は帰国後「留年」と決まっていました。
帰国後「留年」することはハードルにはならなかったですか?
吉部
1学年下の学年に入るのはどんな感じかな?と思ってはいました。でも、そこまで嫌だとは思っていなかったです。そのくらいの覚悟は必要かなと。帰国後は「高校に行きづらいな」というのもありましたが、高校留学した同級生がもう一人いたので、心強かったです。
高校2年生で出発して、高校3年生で帰国し「進級」。大学受験などはどうでしたか?
牧野
大学受験まで時間がないので、英語は留学で完璧にしなきゃという思いが強かったです。私は推薦入試を選択していたので余計に時間がなくて。クラス全員が仲間でありライバルだったので、ピリピリしていましたね。
大学受験まで1年を切ってしまう事は覚悟していましたか?
牧野
覚悟はしていました。世界史とかは早めに取り組みましたが、結局忘れて(笑) 寝る時間もなかったです。
深澤
受験まで時間がなかったので睡眠時間を削って勉強する高校生活…1年限定と思って取組みました。
もし「留年」と「進級」を選択できていたら、どちらを選びましたか?
深澤
「留年」を選んでいました。
牧野
「留年」ですね。もう少し余裕をもって大学受験に臨みたかった。クラス全員が同じ目標だったから頑張れたけど、一人では無理でした。
吉部
今だったら「留年」を選んだけど、その時は「進級」を選んだと思います。やっぱり、高校に入学した時の同級生と一緒に大学受験をしたかったですね。
ワンポイントアドバイス
ワンポイント
アドバイス
「進級」・「留年」は高校留学を考えている人にとっては大きな問題です。どっちが良い、悪いとは経験者である先輩たちも「言えない」と言います。それでも「行って良かった!」と「高校留学した自分としなかった自分はだいぶ違う!」と力強く話しています。
逆カルチャーショックがあるも、英語が強みに!!

逆カルチャーショックがあるも、英語が強みに!!

帰国後の高校生活で戸惑ったことはありますか?
吉部
流行りに追いつけなくて(笑)友達が「知らない言葉を話している?!」みたいな。取り残されている感もありました。
牧野
学校生活のルールに戸惑いました。クラス全員が高校留学したので、とにかくうるさくて、静かにしていられなかったり、空気が読めなくて。「静かに!」と高校の先生に何度も注意されましたね。
深澤
クラス全員が高校留学して、帰国するので特に何も感じなかったんですが、中学の友達に会ったときにこれまでにはない壁を感じることはありました。
帰国後の高校生活で戸惑ったことはありますか?
高校の英語学習、受験対策の英語はどうでしたか?
吉部
帰国後は英検の勉強ばかりしていましたね。大学受験は、英語は大丈夫と思って他の科目に時間を回した結果、英語をもっと伸ばしておけばよかったと今は思っています。なので、これからの人には「できるものこそ、伸ばしておくべき」と伝えたいですね。
深澤
リスニング、スピーキング、ライティングは格段に伸びた実感はありました。ただ、高校留学前から苦手だった単語や文法といった暗記が必要な問題は相変わらずで、帰国後はずっと文法と単語を勉強しました。
牧野
推薦入試と決めていたので英検、TOEIC、TOEFLなど受験していました。日本の大学受験は読解力が必要なのですが、苦手だからと諦めずやっておけばよかったと今は思います。
深澤
牧野
正直、大学受験は思い出したくないくらい、つらかったです(笑)
高校留学中にあれだけがんばれたから大丈夫!

高校留学中にあれだけがんばれたから大丈夫!

高校留学中に色々な経験をしていると思いますが、今に役立っていることはありますか?
吉部
留学前リターニーの先輩達に「積極的になるのがいい」って話を聞いて、留学中はそれを心がけて、毎日、新しい人に話しかける努力をしていました。実際にできたわけではないけど、話そうとする姿勢や、方法、コミュニケーション力は今に影響していると思います。
牧野
ちょっとしたことではへこたれなくなりました。高校留学の最初は授業もわからず、一生懸命勉強したし、色んなことがあっても、あの時より辛いことってないなって。経験が今の支えになっています。
深澤
自分から行動できるようになったことが大きいです。前は言われたらやるっていう姿勢でしたが、帰国後は自分で探したり、挑戦したり、自分から一歩踏み出す力ができたと思います。
高校留学に挑戦したい、みんなへ

高校留学に挑戦したい、みんなへ

最後に、これから高校留学を考えている中高生へのメッセージをお願いします。
深澤
目的を持って高校留学するのが一番の近道。ボヤっとしたままの高校留学だったので頑張ろうって思う気持ちがなかなか湧かなくて。逆に帰国してからは目標が決まって頑張れるようになりました。
牧野
高校留学生活を不安に感じることも大事。「楽しい!」だけで行くと現実に落ち込むこともあります。実際に何か起きた時に、自分はどうするかって常に想像して、一人っていうことを考えてみるのもいいと思います。
吉部
期待しすぎないことが大切。絶対に楽しいこともあるけど、過度に期待したり、相手に求めるのは違うとわかっていればよかったと今は思います。深澤くんが「留学生になるな、現地の生徒になれ」って先日話していたんですけど、ほんとその通りなんです。「高校留学に行くんだ!」って高いモチベーションでも、現地の生徒は普通の高校生活をしていて、それで温度差が生まれてすれ違うこともあります。一人の高校生として学校生活を送る気持ちで心配し過ぎないで行って欲しいですね。
最後に、これから高校留学を考えている中高生へのメッセージをお願いします
ワンポイントアドバイス
ワンポイント
アドバイス
今回インタビューをした先輩は帰国して約3年。昨年春に大学生活が始まったばかりの先輩の体験談は「これから高校留学を目指そう」、「高校留学してみたい」という思う皆さんには身近に感じられるものだったと思います。先輩のインタビューを読んで3ヵ月以上の高校留学に興味が湧いたら、情報収集からスタート! 資料請求をしたり、カウンセリングで気になることを聞いてみよう!
留学を知ろう
説明会