体験談

総合トップ » イギリス留学 » イギリス留学体験談一覧 » 受け身にならず「自分」から!

留学体験談:交換留学/イギリス

交換留学

受け身にならず「自分」から!

イギリス
グレーブセンド
留学した人 A.F.さん
留学期間 半年間

積極性の大切さ

イギリス留学は半年間と短いことは分かっていましたが、現地の生活に慣れていくと時間は本当にあっという間でした。私は最初、周りに対し壁を作っていましたが、それは間違いで、自分から発信することがどれだけ大切かを学びました。積極的にという言葉は簡単なように聞こえ、自分でも出来ていたつもりだけれど、実際はとても難しいこと。まずは言葉に恐れず自分から話しかける、挨拶をする、笑顔でアイコンタクト。そのことに最初から気づけていれば、と思いました。今から準備する人たちはまだ全然間に合うので、何でもまずは受け身にならずに「自分から」を心掛けてみると、後々本当に役に立ちます!

こんな学校生活です!

私の学校は、基本AM9:00をスタートに昼休みも含め8コマの区切りがありました。日本とは異なり、自分の志望大学に合わせ教科を選ぶsixth formというところにいたので、授業のない自習時間も設けられていました。私はイギリスの学校課題を自習の時間に済ませ、放課後は友達と過ごしました。 私の学校はクラブ活動が盛んではなかったので、基本PM5:00迄には帰宅し、ホストファミリーと過ごす毎日でした。イギリスの冬は日没がとても早く、PM9:00頃に寝ることも多かったです。

私の通っていたイギリスのsixth formは、基本3~5科目を1人1人が選択をして履修します。そのため、より専門的なことを深く学べます。日本の様な主要5科目の他、約20科目ほどの選択肢があり、時間割表は生徒によって異なります。自分の進路によって教科を選ぶので、最初に決めた教科を途中で変更することも可能です。

こんなところが日本と違った

イギリスの建物:モダンで新しい家が多い日本に比べ、イギリスは築100年位の歴史ある家がたくさん並んでいます。その景観はどこを見ても新鮮で感動しました。

食事:イギリスの主食はパン、ジャガイモが基本です。イギリスの食事は実際にはとても美味しいです。そして紅茶は頻繁に飲みます。また、食事のマナーがとてもしっかりしていて、最初は少し苦戦しました。