体験談

総合トップ » アメリカ留学 » アメリカ留学体験談一覧 » 自分の中でなにかがちょっと変わった!

留学体験談:チャレンジホームステイ/アメリカ

チャレンジホームステイ

自分の中でなにかがちょっと変わった!

アメリカ
ロサンゼルス
留学した人 松本唯楓さん(参加時中学2年生)
留学期間 2016年8月出発(15日間)

ホームステイで学んだ3つのこと

ぼくは、この十七日間のホームステイで、たくさんの事を学びました。

 一つ目は、積極的に自分の考えをアピールすることです。自分の考えをアピールせずに遠りょをしていると、大変な事になります。例えばレストランとかにいくと、アメリカ人はすごく品物をたのむので、おなかいっぱいになってもたべさせられてしまいます。ぼくは、そうなってしまい帰りの車でけっこうよってしまいました。なので、遠りょをせずにヤバくなったらやめておきましょう。 

 二つ目は、自分のことは自分ですることです。例えば、朝ごはんは、朝起きてもでてきません。自分は冷ぞうこの中のヨーグルトとマドレーヌを自分で食べていました。また、どこか外食へいくときも、ハンバーガーみたいな一人に一つずつの料理とかは、自分のたのみたい料理をメニュー表から読みとり、自分のお金で買っていました。そんなときに、じしょを開いてもいいですが、ちょっとめんどくさいし、忘れたら困るので、スマホの中にグーグルのほんやくアプリをインストールしておくと、とてもやくに立ちます。グーグルのほんやくアプリは、どこでもほんやくできるし、メニュー表にかいてあることをわざわざ打たなくても、写真をとればよみとってくれます。また、チャイナタウンとかにいったときに、中国語もほんやくできるので、とてもべんりです。すごく話がそれてしまいましたね(笑)。とにかく、自分の事は自分でするようにしましょう。

 三つ目は、フレンドリーにすることです。アメリカの人たちはとってもフレンドリーでノリがよく、とっても笑うので、そのノリに答えてあげましょう。また、なにか買いものをしているときに、店員さんとすれちがったり、レジの人に「調子はどう?。」とか「今日を楽しんで。」とかいわれるので、「元気だよ。」とか「あなたもね。」とかいってあげましょう。

 もしホームステイをしたら、最終日にはきっと自分の中でなにかがちょっと変わっています。それはとてもすばらしいことだと思います。なので、ぜひみんなにホームステイをしてほしいと思います。