体験談

総合トップ » マルタ留学 » マルタ留学体験談一覧 » 「トビタテ!留学JAPAN」の経験で意識が変わった!

留学体験談:語学研修/マルタ

語学留学、トビタテ留学JAPAN、トビタテ、マルタ、高校生、夏休み
語学研修

「トビタテ!留学JAPAN」の経験で意識が変わった!

マルタ
留学した人 藤岡 菜々さん(参加当時17歳)
留学期間 2018年7月29日~8月20日(3週間)

予想以上のホームシックに涙したから気づけた成長

海外でインターンシップを経験したい、全国の熱意ある高校生と出会いたいと思い「トビタテ!留学JAPAN」のプログラムに参加しました。マルタでの生活がはじまると、予想以上にホームシックになり3日間孤独で泣いていたことを覚えています。「もう帰りたい」と安定した日本での生活に甘えそうにもなりましたが、時間が経つと毎日が刺激的で新しいことを学ぶ生活が大好きになりました。3週間という短い期間ではありましたが、目の前でおこる問題に対して自分の考え方や見方を変えることで柔軟に対応できるようになったことが自分自身の成長だったと感じています。

日本から世界へ、視野が広がる留学

マルタは一見するととても美しい島ですが、たばこのポイ捨てがとても多く道に散乱しています。一部の人の行為によってマルタの印象が悪くなるのは残念だと思い、日本から参加したトビタテ生と一緒に「ゴミ拾い」をすることにしました。ゴミ拾いをしていると島の人たちが声をかけてくれたり、飲み物を差し入れてくれたり、マルタの人々の温かさに触れた経験は今でも印象深いです。このような経験を通して、留学前は日本の事しか考えられず「日本を変えたい」とばかり思っていましたが、今では将来「観光で途上国を支えたい」と思うようになり、自分の視野が広がったと感じています。

運営機関 ワンソン