体験談

総合トップ » アメリカ留学 » アメリカ留学体験談一覧 » 世界の仲間とものづくり!ロボティクスキャンプに参加して

留学体験談:語学研修/アメリカ

体験談, ボストン, ロボティクス
語学研修

世界の仲間とものづくり!ロボティクスキャンプに参加して

英語力、技術力だけではなく、臆さずに質問したり意見をいう大切さを学びました!
アメリカ
ボストン
留学した人 中野まひろさん
留学期間 2018年7月(14日間)

ロボティクスを学ぶため、いざボストンへ!

プリンスエドワード島でのホームステイプログラムで初めてISAさんにお世話になってから4回目の留学は、トビタテ!留学JAPAN派遣留学生として、ボストンのカリーカレッジで行われているTamwoodロボティクスキャンプへの参加になりました。

私はロボットに興味を持っていたので、ロボットについて学びにボストンに行き、同じものに興味を持っている世界中の仲間とものづくりをすることに対する楽しみな気持ちでいっぱいで、あまり不安を感じることなく出発しました。

同じような夢を持つ人たちとのかけがえのない出会い

現地でいざ授業を受けると、周りの知識や経験の豊富さについていけず、初めは困ってしまいました。しかし、わからないことを素直に周りに助けを求めることで、技術を学ぶことができただけでなく、クラスのみんなとより仲良くなることが出来ました。また、素敵な夢を持っているトビタテ生とも同じプログラムを通じて仲良くなることが出来ました。同じようにロボットに興味を持つ世界中の仲間とのつながりは私にとってかけがえのないものになりました。
この留学を通じて、英語を話すことだけにいっぱいいっぱいになるのではなく、英語をツールとして用いることが出来るようになったように感じました。同時にしっかりとした英語力と豊富な知識や技術力はもちろんですが、わからないことを臆さずに周囲に聞くことの必要性を感じました。また、今回の留学で出会った、世界の同じような夢を持つ同世代の友達を今後も大切にしたいと思っています。

より明確になった夢への準備

私は将来ものづくり業界(特に航空宇宙関連)に進みたいと思っています。今までは漠然と工学系の大学に行って…くらいにしか考えていませんでした。しかし、この留学を通じて、自分が将来的に必要なことがわかったので、自分のするべきことが明確になったように感じています。
この2週間は私にとってかけがえのない時間になりました。いままでお世話になったISAのみなさま、また今回の留学やトビタテ留学JAPANの活動に協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。