ブログ

総合トップ » 【開催レポート】6/29東京、7/2大阪 シンガポールオフィス開設特別セミナー
2019年9月3日 火曜日

【開催レポート】6/29東京、7/2大阪 シンガポールオフィス開設特別セミナー

ISAシンガポールオフィス開設特別セミナー

 

「アジアにおけるグローバル教育の可能性 ISAシンガポールオフィス開設特別セミナー(東京・大阪)」

 

6月29日(土)、7月2日(火)に、東京・大阪にて「アジアにおけるグローバル教育の可能性 ISAシンガポールオフィス開設特別セミナー(東京・大阪)」を開催しました。
 

多様性に富むグローバルな環境に恵まれ、アジアのハブとして世界中から優秀な人材や企業が集まるシンガポールは、教育水準の高さでも知られ、留学先や教育移住先として高い人気を誇る国際都市です。
アイエスエイは2019年4月にシンガポールオフィスを新しく設立。10年後には世界経済の中心になると予測されるアジア圏での繋がりを強め、切磋琢磨できるスキルとマインドを持つ人材育成とグローバル教育の一端を担う企業として貢献するための新拠点をスタートさせました。
 

セミナーの第一部では、14年間に渡り全国の様々な中等教育学校のグローバル研修創出に携わったアイエスエイ シンガポールオフィス代表の齋藤貴臣が登壇し、企業・テクノロジーの最先端国家であり、アジアの経済中心地として君臨するシンガポールの現在と現地の教育事情と、シンガポールを含めたアジア周辺諸国で展開する新しい次世代グローバル研修プログラムの一部などをご紹介させていただきました。後半はシンガポールの大学に通う現役大学生のゲストスピーチ、シンガポールで活躍されている日本人の企業人の方々のビデオメッセージなどをご紹介し、ご参加の皆様にアジアとシンガポールの現在をお伝えすることができました。
 

ISAシンガポールオフィス開設特別セミナー シンガポールオフィス代表 齋藤貴臣講演
 

【ご参加頂いた皆様の声】

※アンケートより掲載
なぜ今シンガポールに学ぶのか、教育事情や現状を通してよく分かりました。自分自身シンガポールに大学の研修で行ったことがあり、これからの日本を担う学生がもつ向上心を最大限生かせる教育の場としてシンガポールの魅力を理解できました。
シンガポールでの研修の意義が具体的に説明されており、今後の参考となりました。
・シンガポールの基本情報だけでなく、なぜアジアに目を向けるのかについて分かりやすく感じることができたから。
・現地の教育状況がとても良くわかりました。アジア地域に注目していますので、可能性を感じました。
・2年後に新コースが立ち上がるのでその際に是非、シンガポールを検討したい。
アジアの発展と勢いを改めて理解すると共に、シンガポールの躍進の鍵を把握できました。
・アジア諸国の留学は「欧米に行く経済的余裕がないから仕方なく」という考えがあったが、決してそのようなことはなく、むしろ新たな選択肢の一つとして考えることができるようになりました。アジアの発展にも目を向けたいと思います。
・本校の海外研修プログラムは、アメリカセミナーとアジアセミナーをセットで考え、終着点を「アジアの一員として、リーダーとして活躍する人材の育成」としている。その目的と合致していた。
現地のお話と、NUSの学生の方のお話。それを裏付けるビデオメッセージが分かりやすかった。NUSは実際に訪れたことがあるので色々な意味でイメージがしやすかった。
 

第二部はアイエスエイ執行役員 国内研修部部長の寺澤ますみより、アイエスエイのプログラムを利用して来日しているアジア諸国の優秀な留学生たちの声をご紹介し、彼らや彼女達が持つ真摯に学ぶ姿勢、強烈な目的意識と行動力、社会を変える強い信念など、アジアの留学生から日本の学生が学べる数多くの素晴らしい点についてお話しさせていただきました。
様々なバックボーンを持つアジアの留学生たちと日本の生徒達が、互いに目標や夢について深いディスカッションを重ね、グローバルな課題や、より良い世界のために何ができるか等について考えながらコミュニケーション能力とグローバルマインドを培うアイエスエイの豊富なグローバル教育事例とその効果をご紹介しながら、アジア圏で生きる若者たちがともに切磋琢磨しながら学び合うことの大きな可能性をお伝えさせていただきました。
 

ISAシンガポールオフィス開設特別セミナー ISA執行役員 国内研修部部長 寺澤ますみ講演
 

【ご参加頂いた皆様の声】

※アンケートより掲載
国内でのアジアの留学生とのプログラムは興味深いと思った。
・同じ文化で育った人々が多く、生徒は様々な価値観と出会う機会がないため、とても素晴らしいチャンスがあると感じた。
英語エンパワーメントを利用しています。もっと時間を取れればと検討中です。
・第一部と同様、子どもたちを変えるのは実践的な体験が一番であると思う。そういう刺激的(意識変革もしくはショック療法的)なプログラムが可能性を感じた。
アジアの学生の真摯さというのは常々感じていたので、何か継続的な交流が出来ればと思っていた。共感させて頂く部分が大変多かった。
・体験は生徒が英語を学習する際の良い刺激になり、学ぶ意欲をかき立て、好循環を生み出しており、異文化に触れることの大切さを感じた。
プログラム後の生徒の成長を見せて頂き、こちらのモチベーションがあがった。
・モチベーションの高い世界各国からの留学生からリアルな情報、意見交換ができる内容に興味を持ちました。
シンガポール以外のアジアの国々から学べることについて今まで考えたことがなかったが、お話を伺えて是非日本の学生が様々な国々の人と関わりながら成長できたらと思います。
・グローバル化社会の中で日本の生徒がどのように多様性を受け入れ、力としていくべきか。多くのヒントを得るきっかけになるのではないかと思った。
 

 今回のセミナーでは世界とアジアのグローバル化のスピード感、日本より遥かに進んだアジアのグローバル教育、アイエスエイが新しくスタートするアジア圏の研修プログラムとともに、アジア諸国の留学生達が抱いている想いもご紹介させていただき、アジアを舞台に学ぶという大きなメリットと可能性をお伝えできる機会となりました。
 

今後もアイエスエイでは、学校管理職・教職員の皆様向けに、教育実践に役立つ無料の教育セミナーを全国各地で定期開催してまいります。是非、お気軽にご参加ください。
 

教育関係者の方向けセミナー・イベント情報はこちら