ブログ

総合トップ » 【講演レポート】広島県高等学校長協会総会にて講演を行いました
2019年7月10日 水曜日

【講演レポート】広島県高等学校長協会総会にて講演を行いました

広島県高等学校長協会総会での講演 平田敏之
 

株式会社アイエスエイ取締役 教育サービス統括本部長 平田敏之

 
2019年6月に広島で開催された広島県高等学校長協会主催の総会において、第2部にアイエスエイ 教育サービス統括本部より取締役本部長の平田が講演し「これからの日本のグローバル教育の方向性と教育改革」をテーマにお話しをさせていただき、100名を超える公立・私立の校長先生方にご清聴いただきました。
 

多様性社会へ変容する社会の中で、埋没しない生き方をするには

 
グローバル時代を迎え、日本は既にダイバーシティ(多様性)に富んだ社会へと様変わりを始めています。人口減少、少子高齢化の加速、外国人労働者の受入れ政策等により、今後一層深まるダイバーシティに富んだグローバル社会の中で埋没しない生き方をするには、早い段階での「人生のマインドセット」が大切です。特に異文化体験を通じたマインドセットの重要性とその教育的効果について述べさせていただきました。
 
マインドセットは子どもたちだけでなく大人にとっても必要です。日本の子どもが内向的とネガティブに評される原因の一つは大人が見せてきた背中の結果であり、大人にもその責任の一端があるのではないでしょうか。メディアや大人達の分析よりも、日本の子どもは充分に素晴らしいポテンシャルを持っていると信じます。しかしながら、世界の価値観調査で見ると世界の子どもと比べて日本の子どもの自己肯定感とチャレンジ精神は圧倒的に低いのが現状です。
 
日本の子どもに足りていないものとは何でしょうか?それは自分のハートで感じ、考え、アクションを起こし、志を持って人と繋がる力です。それが他国の子どもとの相違点に感じます。これからの日本の教育は「ハート」の育成が最重要だと強く感じます。知識を充分に備えた子どもたちが、さらにハートのポテンシャルに目覚めた時、自分の人生を好きに生きる勇気と、そのためにチャレンジすることを恐れない勇気を持つことができるようになり、やがて自分らしい生き方とは何か? 一度しかない人生をどう生きるか? を考えるようになるのではないでしょうか。
 
子どもたちは驚くほど周りの大人をよく観ており、その姿から大きな影響を受けています。内向きになった子どもたちの心に主体性のスイッチを入れるには、周りにいる大人が見せる背中を変え、大人自身がもっと果敢に外向きに挑戦する姿を見せて人生のワクワク感を示すことが大切だと思っています。
 

未来予測の立たない激動の時代に、日本のグローバル教育の方向性はどうあるべきか?

 
混迷する世界情勢と、日本の社会モデルの大きな変容のタイミングで来年、戦後最大の教育改革と言われる2020年教育改革が施行されます。
 
本気で日本の教育を変えるには、今が最後のチャンスです。まさに今、日本の教育は変われるか・変われないかのジャッジの最終局面を迎えています。ここで失敗すれば、日本の教育は世界のスピードに乗り遅れる結果を招き、大きな停滞または後退を見ることになるのではないでしょうか。
 
日本の子どもたちの未来を大きく左右する重大なタイミングの今、世界のスピードから取り残される子どもたちではなく、ただ世界のスピードに適応できるだけの子どもたちでもない、自ら動き世界にイノベーションを起こせる創造力豊かな力を身につけた子どもたちを育てる教育へシフトすることがとても大切であると信じています。日本の教育の現状と真摯に向き合い、大人たちがともに日本の教育を変えていく強い決意の一歩を踏み出すその時こそ、教育改革の真のスタートラインであると信じます。
 

子どもたちの未来のための大きな一歩を

 
日本の子どもたちの未来と教育への真摯な情熱を再確認し、ともに共感し踏み出す第一歩が、学科を越え、学校を越え、地域の垣根を越えて、全国の教育者の方々や大人たちに広がっていくことで日本の教育改革は必ずや成功し、新時代の大きな礎を築くものと信じています。
 

【講演に対する校長先生方のご感想】

 
・ポジティブにチャレンジして世界を拓いていく高校生の話を、イメージ豊かに聞けてワクワクしました。この感覚を本校の生徒たちに伝えていきたいです。私自身元気が出ます。ありがとうございました。
・まさに一歩も二歩も前に進みたいと切実に思いました。この思いを生徒に伝えたいと思います。是非、平田さんに本校にご講演にいらしていただきたいと思います。
・子供たちに灯をつける働きかけの大切さを具体的に示していただきました。大変参考になりしまた。ありがとうございました。
・生徒の心に灯をつけるキーワードを多くいただきました。つい決められたように指導しがちですが、生徒のやる気が生かせる教育への取り組みも検討すべきだと思いました。
・日本の現状と世界の相違が明確な視点から伝えられ、今の生徒の進むべき方向性が良く理解できました。
・今後の国際交流の取り組みに示唆を与えていただけた内容でした。方法よりも在り方や生徒の変容の意義について共感できるお話でした。
・公立の高校間ではあまり聞くチャンスがない内容でした。先生の情熱が生徒に伝わる姿が想像できました。
・これからあるべき教育について示唆をいただいた。是非、教員に話をしていただきたい。「夢」の重要さを話す機会をつくりたい。
・外務省に派遣され海外勤務時に感じたことを改めて再確認することができました。子どもは早い時期に海外に出して経験をさせること、人としての力を育成することを実践していきたいと思います。
 

今後も上記のような教育関係者向けの講演会を実施してまいります。
平田の講演のご依頼や、グローバル教育・留学に関するご相談等も承っておりますのでお気軽にお問合せください。
 

■本件に関するお問合せ先
株式会社アイエスエイ グローバル教育セミナー運営事務局
TEL: 03-5463-7540 E-mail: sem@isa.co.jp
 

広島県高等学校長協会総会での講演 平田敏之
 

■ Profile
株式会社アイエスエイ取締役 教育サービス統括本部長 平田敏之
約30年間、私立高等学校、中高一貫校で教鞭をとる。東北高等学校、岡山学芸館高等学校ではSELHiを担当。その後、立命館宇治中学校高等学校では国際主幹としてSGHを担当する。教鞭をとった全3校で「留学コース」の指導にあたり、これまで数々の生徒を世界に送り出して来た経験を持つ。2017年4月、学校の枠を超え、日本全体にグローバル教育を展開することを目的にアイエスエイへ参画。
 

教育関係者の方向けセミナー・イベント情報はこちら