ブログ

総合トップ » ISA Youth Empowerment Program, Blog Essay by Samar Samir Mezghanni
2019年3月12日 火曜日

ISA Youth Empowerment Program, Blog Essay by Samar Samir Mezghanni

ISA Youth Empowerment Program Blog Essay by Samar Samir Mezghanni,ISAエンパワーメントプログラム サマー サミール メズガニ氏,国連でのスピーチの写真
 
チュニジア人として初めてケンブリッジ大学博士課程を修了し、国際連合ユース大使の一人としても活躍されているSamar Samir Mezghanni(サマー サミール メズガニ)氏。ケンブリッジ大学院在学中の2016年、アイエスエイのエンパワーメントプログラムのグループリーダーとして来日した際の所感をご寄稿いただきました。日本でのエンパワーメントプログラムを通して出会った高校生と再会した際の、感動のエピソードとともにご紹介します。
 
ISA Youth Empowerment Program Blog Essay by Samar Samir Mezghanni,ISAエンパワーメントプログラム サマー サミール メズガニ氏
 
■ Profile
Samar Samir Mezghanni(サマー サミール メズガニ)
チュニジア人として初めてケンブリッジ大学博士課程を修了。世界最年少作家としてギネス記録を持ち、2016年には国際連合から17人の「持続可能な開発目標(SDGs)の国連ヤングリーダーズ」の1人に任命される。
 
>>> 日本語訳
 


 

ISA Youth Empowerment Program
Blog Essay by Samar Samir Mezghanni

 
When I meet friends I went to high school with, they ask me: “how did you become this successful?”
 
The answer is simple: I learnt a lot beyond my high school classes.
 
This is why it is important to me that others have the opportunity to do the same. Now, I contribute to learning experiences for high school students beyond their school curriculum. In 2016, when I was studying for my PhD at the University of Cambridge, I participated as a mentor in three empowerment programs for high school students in Japan: in Nara, Kyoto and Hiroshima.
 
The programme was one of the most successful programmes I participated in. Having worked in similar programmes in Brazil, Mexico, Tunisia, Egypt, Jordan, Lebanon, UAE and the UK, I found this programme to be one of the most efficient training programmes for high school students. The change we witnessed in only one week was incredible. Students became more confident, motivated and positive. They started to take initiatives, lead activities and communicate in English in front of an audience without fear or worries.
 
The program was well-planned to take the students into a progressive journey. I saw students become less shy, more involved in activities and speak English more fluently day after day. When looking at the difference between the first and the last day of the training, the skills that students developed became very clear. Some students told me that they never thought they could become this confident. Others told me that they discovered new talents and interests that they will pursue.
 
Perhaps the most important part of the program is the valuable interaction between the students and the mentors and facilitator. In the ISA Youth Empowerment program, students are able to learn from other young people who study in the best universities in the world. Meeting and learning from inspiring role models helped empower high school students and encourage them to gain confidence and have high ambitions.
 
But what I remember the most, is the happiness and positivity of the students despite all the new challenges and difficulties they learnt from in the program. While working on their presentations and learning new skills, the students were being creative and having a lot of fun with their peers.
 
Last year, I met one of the students I trained in the program in 2016. She is now a student at the University of Tokyo. We were talking about her new life, when she said: “You know, Samar, I changed a lot in the last two years. People now ask me: “How did you become this successful?”
 

Samar Samir Mezghanni

 


 

日本語訳

 

ISA高校生エンパワーメントプログラム
文:サマー サミール メズガニ

 
高校に一緒に通っていた友達に会うと、「どうやってこんなに成功したの?」と尋ねられます。
 
答えはシンプルです。高校の授業の枠を越えて、たくさん学んだからです。
 
平等の機会を他者が持っているということが、私にとって重要であるということに他なりません。現在、私は、学校のカリキュラムの枠を超えて、高校生のための学びの経験に貢献しています。2016年に、ケンブリッジ大学で博士号の勉強をしていた時に、日本の高校生向けの3つのエンパワーメントプログラム(奈良と京都と広島)に、メンター(グループリーダー)として参加しました。
 
エンパワーメントプログラムは、私が参加した中で最も成功したプログラムの一つでした。ブラジル、メキシコ、チュニジア、エジプト、ヨルダン、レバノン、アラブ首長国連邦、そしてイギリスでも似たようなプログラムに携わったことがありますが、エンパワーメントプログラムは高校生にとって最も効果的なトレーニングプログラムの一つであると感じました。たった1週間で目の当たりにする生徒達の変化は驚くべきものでした。生徒達はより自信を持ち、やる気を持ち、そしてポジティブになりました。恐れや不安なく、聴衆の前で、イニシアチブをとり、アクティビティをリードし、英語でコミュニケーションをとり始めました。
 
エンパワーメントプログラムは、生徒達を成長への旅に連れ出すために、とてもよく練られていました。生徒達は日に日に、恥ずかしがらず、積極的にアクティビティに参加するようになり、英語をよりすらすらと話すようになりました。初日とプログラム最終日の違いを見てみると、生徒達が伸ばしたスキルは明白になります。こんなに自信が持てるようになると思ったことはなかったと話してくれた生徒達もいれば、新しい才能や探究したい興味を見つけたと話してくれた生徒達もいました。
 
おそらくエンパワーメントプログラムの最も重要な部分は、生徒達とメンター(グループリーダー)とファシリテーターとの価値ある交流です。ISAの高校生向けエンパワーメントプログラムでは、生徒達は世界屈指の大学で学ぶ若者達から学ぶことができます。刺激を与えてくれるお手本となる人達と会して学ぶことは、高校生達に自信を持つきっかけを与え、大望を持つように働きかけることができます。
 
しかしながら、私が一番覚えているのは、エンパワーメントプログラムで彼らが学んだすべての新たな課題や困難の先にある高校生達の幸せや積極性です。プレゼンテーションに取り組み、新しいスキルを学ぶにつれて、生徒達はクリエイティブになり、仲間達と大いに楽しんでいました。
 
去年、私は2016年のエンパワーメントプログラムで教えた生徒の一人に会いました。彼女は現在東京大学の学生です。私達が彼女の新生活について話していた時、彼女が言いました。「知ってる、サマー? 私はここ2年ですごく変わったの。今はみんなが私に聞いてくるんだよ。 “どうやってこんなに成功したの?” って」
 

サマー サミール メズガニ

 


 
エンパワーメントプログラムの紹介ページはこちら