ブログ

総合トップ » 【開催レポート】11/28 広島 次世代教育セミナー
2018年12月17日 月曜日

【開催レポート】11/28 広島 次世代教育セミナー

ISAグローバル教育セミナー
 
『先進校の教育実践に学ぶ グローバル時代の次世代教育セミナー』
 

先日11月28日(水)、広島にてISA主催の『次世代教育セミナー』が開催されました。
 

平日にも関わらず、グローバル教育実践に高い関心をお持ちになられる42名もの中学校・高等学校のご教職員の方々にご出席を賜り、盛況のうちに開催となりました。
 

第一部は、東京の広尾学園中学校・高等学校で医進・サイエンスコース統括長として教鞭を揮われる木村先生に、同校の教育改革とその指導法についてお話頂きました。
 

2007年に伝統ある女子校から共学・進学校化へと舵を切られた広尾学園は、医進・サイエンスコース、インターナショナルコース等の専門コースの新設や英語教育の充実化、ICTを駆使した授業や生徒の主体性を伸ばす探求型授業の実施など、時代の変化を読みながら、これから次世代に求められる能力の育成を意識した教育プログラムへと改革を進められ、取り組みの結果、一時期は生徒数の減少により冷え込んだ志願者数がV字回復を果たした軌跡と背景をはじめ、生徒自身の楽しみと学習意欲を伸ばすユニークな指導法など、具体的な教育事例を挙げてお話頂きました。
 

ご参加された先生方からは
「中等教育の単元レベルへの分解誘導は、カリキュラム開発の観点から非常に興味深かった」
「学問を楽しむ、楽しませる工夫を先生方が真摯に追求されている様子が伝わり、大変刺激を受けた」
「エネルギーを感じた。特に理系の取り組みは大変興味深かった」
「学内の楽しさ、本物から入るというのは本当に大切な視点だと共感した」
「視えるものばかり追うのではなく、未知なる力を追い求めていくことが大切と実感した」
「もっと聞いていたかった。共有(shere)と本物を見る、経験することはとても大変だと共感した」
 

「本物」に触れることの大切さ、生徒自身が能動的に学びを楽しめるよう工夫されたプログラムなど、同校の具体的な取り組みと考え方を知ることが出来てとても参考になったとのご感想を頂くことができました。
 

第二部は弊社平田より、約30年にわたり私立高校・中高一貫校でグローバル教育を指導し、数多くの生徒を海外に送り出した豊富な実績より、10代の生徒達が元来持つ大きな可能性について言及。若い時に体験したリアルなグローバリゼーションと壁を乗り越えた経験が、その後の生徒の成長に大きな影響をもたらした多くの実例と共に、後押しする教師側・大人側の意識改革と具体的な指導法、ダイバーシティな世界で個々の能力を発揮できる人間を育てる教育改革についてお話させて頂きました。
 

ご参加された先生方からは
「外と繋がる学校づくりの必要を強く感じた」
「実際のstatisticsを取り入れて話をされたのでよく分かった。日本人は何故人生のマインドセットが他国に比べて弱いのか、良く理解できた」
「生徒に伝えたい言葉を講演の中でたくさん得ることができた」
「自己肯定感を育成し、マインドセットする様々な取り組みが大変参考になった」
 

生徒だけでなく大人側のマインドセットの必要性や、日本のグローバル教育の現状と問題点、急速に学力を世界レベルに伸ばしている中国のグローバル教育情報を知ることができて参考になったとご好評を頂きました。
 

今後もアイエスエイでは、学校管理職・教職員の皆様向けに、教育実践に役立つ無料の教育セミナーを全国各地で定期開催してまいります。是非、お気軽にご参加ください。

教育関係者の方向けセミナー・イベント情報はこちら