ブログ

総合トップ » Empowerment Program ファシリテーター研修会 ISA代表挨拶
2015年4月28日 火曜日

Empowerment Program ファシリテーター研修会 ISA代表挨拶

4月25日(土)、高校生のグローバル教育を促進するアイエスエイのユニークなプログラム・EMPOWERMENT PROGRAM(エンパワーメントプログラム)のファシリテーター研修会を開催いたしました。以下に、代表 倉橋 勝の研修会でのご挨拶を掲載します(英文の下に日本語訳があります)。


 

Remark by President of ISA on Empowerment Program workshop, April 25th, 2015

Thank you very much for your participation in our workshop today.

I am Masaru Kurahasi, President of ISA. Our company ISA is celebrating its 45th year Anniversary this year. Since the company was established in 1970, it has pioneered the practice of sending Japanese students into the world.

We emphasize our mission of “Enlarging young people’s future by providing global educational experiences”.

We have been working very hard with both private and public schools in Japan on giving students international social experiences that expand their English skills as well as their views of the world.

Through such works, it became evident that there were some obstacles in our school education. We could see that students often found themselves in tough situations.

As a result, we designed this Empowerment Program as a concrete measure which lets students widen their future, and it has been getting a great response.

The Japanese school system is still bound by strict regulations and there is no freedom in education today.

In fact, one could argue that Japan’s weakening in global competence comes mainly from its own maladjustment to global society.

As a result, the students in Japan have lost their liberal sense of learning, and have become increasingly closed minded and childish.

I hope to spread the concept of Liberal Arts Education in our school education.

Currently, the Japanese education system gives its own society the illusion that we can judge people’s ability and values by the exam scores.

Then now the students are only setting their sights on low targets that they can be sure of meeting.

There is no way in under the current Japanese school education to develop the youth who have dreams and ambitions which can influence world trends.

This is where ISA wants to make a difference.

We want to create a system in which young people who have dreams and ambitions can attain those dreams and change the world.

I believe that global society is the ultimate learning platform. It offers success to the individual and puts us all on the path to global unity.

I hope that our Empowerment Program can encourage as many Japanese high school students as possible to find possibility in their lives, realize the joy of learning, and follow the fire that burns in their hearts!

I appreciate your enthusiastic cooperation and support.

Thank you.


みなさん お忙しい中を ISAのファシリテーター研修にご参加いただき感謝申し上げます。

ISAは今年創立45周年を迎えます。
弊社は、創立当初から日本の学生の海外派遣のパイオニアとして活動してきました。我々は弊社のミッションを、「グローバルな学習体験を通して子供たちの未来を拓く」ことだと詩(うた)っています。これまで、日本の私立公立中高校と一緒に、生徒の海外社会体験を通しての英語力や世界観の涵養(かんよう)に努めてきました。

そんな中で、日本の学校教育の現状と生徒たちの悩める姿が見えてきました。エンパワメントプログラムは、昨年来そのソリューションの具体策として実施され、大きな反響を呼びました。

日本の学校教育は、依然として硬直化した状況の中にあります。おそらく日本のグローバルコンピタンスの劣化は、教育がグローバル社会の変化に適応していないことが主因でしょう。その結果、受益者である生徒は学ぶ自由を奪われ、内向きで幼なくなる傾向があります。

私どもは、学校教育にリベラルアーツ教育のコンセプトを普及していきたいと考えています。日本の学校教育は、偏差値が人間の値打ちを定める、という錯覚を与えてしまいました。その結果、若者は自らの限界を破るためのチャレンジと、リスクテイキングをしなくなってしまいました。世界に通用する夢と志のある若者が日本では育たなくなりました。私は、エンパワーメントプログラムを通して日本の学校教育に風穴を開けたいと考えています。

グローバル社会は、個としての人生の輝きや成功をベストプラクティスとしている、学びのプラットホームと言えます。私たちは、エンパワーメントプログラムを通して一人でも多くの高校生の心に火をつけたいと思っています。生徒が人生の可能性をを見出し、学ぶ喜びを発見してくれることを願っています。皆さんから、熱いご支援を頂ければ幸いです。

ありがとうございました。

倉橋 勝